« August 2008 | Main | October 2008 »

September 29, 2008

9月29日:本日の蝶風切紙

20080911

20080910


September 27, 2008

9月27日:本日の蝶風切紙

20080909

蝶風ばかりではなく、実存の蝶を作ってよ……

内部に蠢く私のひとりがつぶやく。

それに対して、
一応はその中での司令塔としての役割をしている私は

だってぇ~
蝶を作る場合は本気で作らないといけないじゃん。
本気ということは、
それはそれはもう、
脳が悲鳴をあげるほどにこだわりぬいて作るということじゃん。

また、
蝶の翅は裏と表があって、
こだわるということは、
その両側をしっかりと作りこまないといけないのよね。

しかも、それを切紙だけでやり抜くにはブツブツブツ……

善玉であろう言訳、
或いは、
そうであると思いたい言訳は

まだまだ続く……

私の内部で。

September 24, 2008

竹節虫(ナナフシ)

Stick01

シンプルな形ほど難しいですね。
自然界では目立ってはならないのでしょうけれども、
ここでは撮影の都合上目立つような場所で撮影しています。

尚、照明設備の整わない中での撮影ですので、
あとから明度・彩度の調整をパソコンで画像処理しています。
よって、撮影はテキトーで、パソコンでの画像処理を適当に行うことが多いですね。

黄緑色の画用紙を使用。
1ピース糊付けあり。
(ですが、気を使った部分が画像では伝わりませんcoldsweats01

私はニスで補強することを前提とした場合には、
画用紙を好んで使用しますが、
多くの場合、ニスを二度塗りせずに、一度塗りで済ませています。

二度塗りをした場合には強度や艶はよくなりますが、その代りに、折りの際の自由度が低下することが理由です。

このナナフシも一度塗りですが、あの長い脚を十分に補強できていますので流石、ニス様様です。

September 22, 2008

9月22日:本日の蝶風切紙

20080908

鋏を求めて文房具店めぐり……

とはいっても3店舗しか行っていませんがcoldsweats01

そして、購入した新たなる鋏。
店員さんの寛大な計らいもあって、その場で感触を試せた新鋏。
言い換えると、感触を試させていただいた手前、買わざる得なくなったといいますか、なんといいますか、でもそのくらいの期待感を抱かせてくれる新鋏。

それにしてもミサハようなタイプの鋏にはなかなか巡り合えませんね。
10年以上前ならばそこそこは出回っていたと思うのですが……

ついでに売っていた単色折り紙(黒)も購入しました。

いまから、色々と試して、腕との絆を深めていこうと思います。

Stinkbug02e

こちらは先日のカメムシ。
開閉式の翅をあきらめて接着してしまいました。
(開閉式を期待して下さっていた温順様、御免なさい!)

September 19, 2008

9月19日:本日の蝶風切紙

20080906

デザインフェスタの申込が、辛うじて間に合ったみたいです、危なかったぁcoldsweats01
私は15日に申し込みを終えましたが、先ほどサイトの方を覗いてみたら、既に売り切れとなっておりました。
土曜日のみの場合はまだ申し込み可能でありましたので、参加予定のある方はお早めに!

私は11月9日(日)のみ出展です。
土曜日は客として参加したいと思います。

September 18, 2008

椿象

Stinkbug02b

カメムシです。
亀虫と書くより椿象と書いた方がなんとなく洒落た感じがしますね。

Stinkbug02a

多ピース糊付けあり。
翅及び細かな黒い模様以外は1ピースで仕上げてあります。

Stinkbug02c

翅は開閉式にして、かつ収納可能にする予定でしたが、
或いは、構造としては収納可能にしたつもりなのですが、
翅に使用した紙が思ったよりも折りたたむと分厚く、
上手い具合に収まりませんでしたcoldsweats01

Stinkbug02d

裏側もそこそこに真面目に作り込んではいるのですが、
全体的な完成度から考えると

うーむ……な具合ですね。

もう少し折り込みを加えて形を整えていこうと思うのですが、
一度折り目をつけてしまうと修復不可能な事態に陥ることも多々ありますので、
そのあたりの駆け引きが難しいです。

September 17, 2008

Ant01a

蟻です。
1ピース。
糊付け蟻(意図的)ですが、なくても可能です。
ニスによる強度補強のお陰で、折りに強くなっています。

そこそこ前に作ってデータ(画像)は準備していたのですが、そのまま忘れていました。

完成度はまあまあであると思うのですが、
何せ大きさがクワガタムシ並になってしまっていますので、
リアルかどうかは微妙です。

夢想世界には巨大アントがたくさん生息していると聞きますが、
真面目に作ってしまったものを夢想に展開するわけにはいきません。
(自己内ルールによる)

かといって、
実物大で作ればこのような作りこみは困難を極めますので、
というよりも、折りの技術が絶対に不足しておりますので、

このくらいのサイズが切紙としては妥当な付近であると思われます。

September 16, 2008

サソリクワガタmkⅡ

Unknownex115

サソルトハ
サソラデサソル
サソリナリ
サソルサソリハ
ユメノサソリゾ

Unknownex115a

これを偉大なる先人・鈴木大拙先生式に解くと、

悟るとは
悟らで悟る
悟りなり
悟る悟りは
夢の悟りぞ

となる。

Unknownex115b

が、
だって、ここは夢想世界なんだもーん、
夢の悟りだっていいじゃんよ 。

うん、言われてみればそうだ。
ところで、このクワガタムシの解説はどうなっているの?

何を言うか!
説明・解説している時点で、
悟っているつもりになっているということにお前は気づかないのか!

ハイッ!
それもそうですね。
わかりました、今回は解説はしません。

わかればよろしい……

※文章は過去のサソリクワガタより
夢想生物のサソリクワガタの画像は近いうちにmkⅡに移行予定です。

September 13, 2008

9月13日:本日の蝶風切紙

20080905

20080901

雖井蛙(せいあ)流という武術の流派があるというのを聞いたことがあるのですが、
かっこいいですね。

「井中の蛙と雖も大海を知る」

ここでひとつ面白い言葉が浮かびました。

それは……

「大海に溺れるもの井中を知らず」

ね、面白いでしょう!

※あっ、しまった!
こういうのは蛙の切り折り紙を作った際に書けばよかった。
でもまあいいです、近いうちに夢想の方で展開しますから…… 
おそらく。

September 11, 2008

9月11日:本日の蝶風切紙

20080903
(ほぼ実物大です)
20080904
(ほぼ実物大です)

100円ショップに可愛らしいフォトフレームがありましたので、
切紙に少しおめかししてみました(笑)。

それにしてもこれだけ豪華なのに100円とは……

有難い反面、
違和感を覚えることも否定はできません。

September 10, 2008

9月10日:本日の切紙

Alcides00b
(アルキデスオオヒラタクワガタ)

Bell00b
(鈴虫試作)

次の蝉にも使用していますが、
この透明な紙はトレーシングペーパーにしては強度があります。

はっきりと覚えていませんが、
何かしらのお菓子の包装紙であったと思います。

Cicada5b
(蝉試作)

完成度は別として、
とりあえず作ってあるものを公開しました。

September 08, 2008

9月8日:本日の蝶風切紙

20080826

いのちの祭り BE-IN2008Tokyo ~はじまりのはじまり~
が終了しました。

このような環境を整えて下さった皆様、
当日お話をさせていただいた皆様、
途中でスポーツ飲料をおすそ分けして下さった方、
飴を下さった方、
全ての皆様、どうも有難う御座いました。

まだ申し込みをしていませんが、
もしかしたら、デザインフェスタにてお会いできる方々もいらっしゃるかもしれませんね。

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。

September 06, 2008

9月6日:本日の切紙

いのちの祭り BE-IN2008Tokyo ~はじまりのはじまり~
9月7日(日)
場所:明治公園
時間 午前11:00~午後8:46
参加無料
※屋外のため雨天時(荒天時)は中止

上記イベントに私も参加します(アートスペースにて)。

気になるお天気情報ですが、
(9月7日更新)
本日9月7日の降水rain確率ですが、
午前6時~正午まで20%
正午~午後6時まで20%
それ以降60%

ということですから、
どうにか開催出来そうかな…という感じですね。

出展内容としては
ここ数日公開した立体の昆虫を中心に出来る限り持参したいと思います。

それでは明日、お会いできることを楽しみにしています(笑)!

Scorpion4a
(サソリ其の壱)

余った切れ端を使用。
4ピース(尾・胴・腕・脚)糊付けあり。
ニスによるコーティングなし。

Scorpion5a
(サソリ其の弐)

余った切れ端を使用。
3ピース(尾・胴及び腕・脚)糊付けあり。
ニスによるコーティングあり。

September 05, 2008

9月5日:本日の切紙

Rectus2c
(コクワガタ:基本1ピース)

繰り返しとなりますが、

いのちの祭り BE-IN2008Tokyo ~はじまりのはじまり~
9月7日(日)
場所:明治公園
時間 午前11:00~午後8:46
参加無料
屋外のため雨天時(荒天時)は中止

上記イベントに私も参加予定です(アートスペースにて)。

なのですが……

現時点での天気予報によると
9月7日(日)は
cloud時々rain降水確率50%ということですので
中止になってしまう可能性も否定できません。

現地に到着して
準備完了
よし始めるぞ!
rain(ガーンcrying

なんていう展開もあり得ます。
或いは途中で中断という可能性もあるとは思うのですが、
それはその状況になってみないと何とも言えない……

とりあえず、
私は準備をして明後日を待つことにします。

<明治公園の場所について>
一度下見に現地に足を運んでみた感想なのですが、
駅などにあるマップをみても明治公園とは書かれておらず、
また、
そのあたり一帯を明治公園とみなしているらしく、
初めての方には少々戸惑う部分があるかもしれません。
(私が極端に道に弱いという可能性も否定はできませんが)
ですので、
現地にて迷った方は、「道を人に尋ねる」という最終手段も頭の片隅に置いておいた方がよいのでは……と感じました。

September 03, 2008

9月3日:本日の切紙

Mandibularis00b
(マンディブラリスフタマタクワガタ)

名前が長い!
別名オオフタマタクワガタ(私はこちらで記憶しておりました)。

大顎の湾曲が難しいため、フタマタ系は作ることを回避することが多いのですが、試しに作ってみました。
リノケロスは希望があれば挑戦してみようと思います。

Palawanicus00a
(パラワンオオヒラタクワガタ)

大顎をもう少し太めに切って丸めるような形で分厚さを表現できればよかったのですが……
既に切り終えてました、残念!

大きさは最大級の個体に合わせています。

Moellenkampi00b
(モーレンカンプオウゴンオニクワガタ)

実はローゼンベルグの写真を見て作っていたのですが、大顎が外側に上手く湾曲出来ませんでしたので完成後モーレンカンプということにしてしまいました。

この金色の画用紙は色艶が抜群です。
(ダイソーにて購入。シルバーもあるよ。3枚入り)

ただし、ミサハを使用するには硬めな紙質な為、別のハサミを使用します。

September 02, 2008

9月2日:本日の切紙

Cicada3b
(蝉の抜け殻・其の壱)

1ピース糊付けなし。
ニスによるコーティング加工。

Cicada4a
(蝉の抜け殻・其の弐)

1ピース糊付けなし。

Longhorn01b
(ルリボシカミキリ)

1ピース糊付けなし。
(→御免なさい。一カ所ありました)

Cockroach05
(金のゴキブリ)

あなたの飼っていたゴキブリはこの金色のゴキブリですか?
それとも銀色のゴキブリですか?

いいえ、どちらでもありません。

ではあなたにこの金のゴキブリを授けよう。

いえ、遠慮しておきます。

September 01, 2008

9月1日:本日の切紙

Spider00b
(蜘蛛です。種類は特定していません)

1ピース糊付けなし。
ニスで強度補強あり。

Curvidens00b
(オオクワガタ)

1ピース糊付けあり。
ニスで強度補強あり。

Mantis01d
(蟷螂です。種類は特定していません)

1ピース糊付けなし。
ニスで強度補強あり。

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ