« 10月27日:本日の蝶風切紙他 | Main | サソリモドキ再び…… »

October 30, 2008

10月30日:本日の蝶風切紙他

20081010

11月8日・9日にビッグサイトにてデザインフェスタがありますが、

私は11月9日(日曜日)のみ出展します。
場所(ブースNo)は、C+0956(ミニブース・4階)となります。
(私の申し込みが遅かったため、当日配布のパンフレットには記載されません)

出展内容は切り折り紙(昆虫などの立体切紙)が中心となる予定です。
蝶風切紙は……どうしようか迷っていますcoldsweats01

さて、
ビッグサイトのことでひとつ気になったことがありますが、
エスカレーター事故が8月3日に発生したことはテレビなどでご存知の方も多いと思います。

以下、
案内のパンフレットにあった
ビッグサイトから「利用者の皆様へ」の引用文です。

平成20年8月3日(日)、東京ビッグサイト西展示場において発生したエスカレーター事故におきまして、負傷された皆様にはお見舞いを申し上げますとともに、改めて深くお詫びを申し上げます。また、ご来場及び関係各所の皆様には多大のご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

事故の原因の解明に付きましては、現在警察当局により調査が進められているところであり、その結果を待たねばなりませんが、当社では事故発生直後より当該事故機を含め全館のエスカレーターの使用を停止し、安全確認のための緊急点検を実施いたしました。

当該事故気を除く他のエスカレーターにつきましては、安全が確認されたため運行を再開いたしました。当該事故気につきましては引き続き運行を中止するため、若干のご不便をおかけしますが、他のエスカレータは通常通りのご利用が可能であり、8月8日以降に予定されている展示場などは予定通りに開催されます。

また、ご来場者様の安全確保のために、エスカレーターの乗り口の側に「1段あけて、お乗りください。」という注意喚起表示をいたしました。加えて、当社常駐警備・施設管理委託業者に安全管理の徹底を改めて指示するとともに、展示会主催者様へは、文書によりご来場者様の安全管理の徹底をお願いいたしました。

今後とも、ご来場者様及び施設の安全管理につきましては万全を期してゆく所存でございます。皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

引用は以上となります。

安全が保障されることは重要ですが、だからといって我々が鈍感になっていいというわけではないと思います。
最近のいたるところで生じている不祥事や事故から学べることは科学的な部分もあるとは思いますが、それ以上に私たちの感覚に訴えるものも多いと感じますね。

« 10月27日:本日の蝶風切紙他 | Main | サソリモドキ再び…… »

Comments

先月、仕事の展示会でビッグサイトへ行ったのですが、やはりあのエスカレーターは使用禁止になっていました。

9日のC+0956ですね。ぜひ、お邪魔させていただきます。
その時に、蝶風切紙を見せていただけたら嬉しいのですが・・・。
でも「見たい!」と思うものが多すぎてどうお伝えしたらいいかわかりません。
(蝶乱・葉風・華風)のものと(複雑系・その他)のものに見とれて何度も見てしまいます。

では、デザインフェスタでお会いできる事を楽しみにしています。

あのエスカレーターが使えないとなると4階のブースへの客足に少し影響がありそうですね。

<蝶風切紙に関して>
そういっていただくことは作り手にとってはこの上なく嬉しいことです(有難う御座いますhappy01)。
それでは「蝶乱・葉風・華風」と「複雑系・その他」のものを中心に選出して持参しますね。

気がついたら、あと一週間ですね。
私もデザインフェスタでお会いできることを楽しみにしています。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 10月27日:本日の蝶風切紙他 | Main | サソリモドキ再び…… »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ