« ザリガニ再び | Main | 10月21日:本日の蝶風切紙他 »

October 19, 2008

トビズムカデ

Centipede00d

真面目に作るとなると、かなりの手間を必要としますね、百足は。
中でもより百足らしいムカデ「トビズムカデ」を作ってみました。

2ピース糊付け有り(上下の連結に)。
1ピースでも構造上は可能でしょうけれども、画用紙の長さが足りないことに加えて、あまりにも長すぎると「折り」の技術が不足する私にとっては作業が困難になるという言い訳から2ピースに分けました。

少し本気になって脚の数も細かく数えて、

筆をとってペイントして、
ニスを塗って、

よしっ、完成!

ところが……

Centipede00a

21対であるはずの脚が、なんとあろうことか22対ある。

なんでや………

本気で数を数えながら、しかも図鑑に目印まで置きながら確かめて作ったのに……
(図鑑は学研の原色ワイド図鑑です)

そうなのです。
スタート時点で間違ってしまっていたのです。

私が最後尾の脚を脚と見なさずに数え上げてしまっていたが故に、一対多くこしらえてしまったのです。
しかし、体節の数は間違っていないという間抜けさ……

かといって、今から一対の脚をカットしてしまうとバランスが崩れてしまいそうなので、そのままにしておきます。

Centipede00c

余談ですが、ムカデが室内に万が一、侵入してきてしまった場合は割りばしなどでつかもうとするのは危険です。
ムカデはあの器用な多足を利用してよじ登って来ますから。

そうは言われても、実際にそのような状況に遭遇してしまった場合はそうもいかないというのもまた事実。

私も実際にそのような状況に直面したことがあり、頭ではお箸でつかんでは危ないとわかっていても、他の対応が思い浮かびませんでしたので、現実にはお箸でつかむという対応をしてしまいました。

ただし、
よじ登ってくるということをあらかじめわかっていたため、その後の対応はどうにかなりましたとさ……

« ザリガニ再び | Main | 10月21日:本日の蝶風切紙他 »

Comments

……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

私も驚きましたよ(笑)!
床に手をついたその瞬間、なんと、その横にこんな感じのムカデがいたのですから……
(10年ほど前のことです)

むむむっムカデ
何故か皆さん作りますよね~っ
私は母と住んでいますが、見つかったら間違いなく捨てられます(笑)
でもいつかチャレンジします

design festival no jixyunnbi tixyaku tixyaku desu ka?note

>メビウス様

ムカデは真面目に作ると手間がかかりますので滅多に作らないのですが、今回はなぜか気が向いたので作ってみました。
一応、くねくねとしたポーズをとれるのですが、下手をするとちぎれてしまいそうで怖いですねcoldsweats01

>r様

tixyaku tixyaku to susunde orimasu yo!sandclock

あ~、あります。
1度目は息子のおもちゃだと思って手を伸ばしかけた瞬間、
ピクッと動いたのです!!
「うぎゃ~~~っ!!!」
と言う叫び声と共に、ほうきとちりとりで捕まえ外に捨てに行きました。
2度目は、洗面台にいたので水を流して排水溝に流してしまいました。
その後、漂白剤をたくさん流して・・・
百足君、ごめんなさい。

haco様。

そういえば、ほうきとちりとりが最善の選択のひとつですね。
もしかしたら、当時の私は百足に脅えつつも、どこかで割箸で実験してみたかったという変な好奇心もあったのかもしれません。
それにしても百足は忍者みたいですね(笑)。
えっ、どこから侵入してきたの?
そんな感じでした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ザリガニ再び | Main | 10月21日:本日の蝶風切紙他 »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ