« マンディブラリスフタマタクワガタ | Main | トビズムカデ »

October 18, 2008

ザリガニ再び

Crayfish01a

先日はタント紙ニス無しでザリガニをつくりましたが、
(個人的にはタント紙にはニスが不向きな気がします)

今回は画用紙ニス有りで作りました。
(画用紙の場合はニス無しで形を維持するのは難しいです。特に細い脚などがヨレヨレになります)

※私はニスを筆塗りで行っていますので、スプレーの場合は勝手が違うのかもしれません。

Crayfish01b

1ピース糊付けなしで作れるような構造にしてはありますが、
今回は分割してある小さめな紙を使用しましたので、本体を2ピース+鋏1ピース(一対と見なした場合)で仕上げてあります。

いつもながら感じることは、「折り」の作業を丁寧に行うには細かく分かれていたほうが都合がいいですね。

Crayfish01c

今回のザリガニは「切り抜き」の時点では思い通りの形にならず、途中で切り上げようと思いましたが、いつものことながら、とりあえず最後まで作るだけ作ってみようよ……と、渋々作業を続けていたのですが、作っているうちに思っていたよりも大丈夫かも……

結局は「折り」次第でどうにかなるのよね……

以前以上にそう感じる今日この頃です。

« マンディブラリスフタマタクワガタ | Main | トビズムカデ »

Comments

先日のザリガニと全然違いますね!
途中でやめようとして最後まで作ったら思ったより良い感じ・・・
これは私もいつも思っています。
折りは大切ですよね。
ところで、デザインフェスタは遊びに行きますのでよろしくお願いします!!

生きています。note

>メビウス様

折りとニスは大事ですね(笑)。
私の場合はまさにニス様様です。
先日のザリガニの方が作業的には上手く出来たはずですのに、見栄えは今回の方が良い気がしますので、「自分の技術の方向性」と「紙との相性」など複雑な要素が影響していると思いますね。

デザインフェスタでお会いできることを楽しみにしています!!

>r様

有難う御座いますhappy01
そういっていただけるのは作り手として最高に嬉しいことです。
私は小さい頃にザリガニを見る機会が多々ありましたので、それがザリガニを作る際に活きているのかもしれませんね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« マンディブラリスフタマタクワガタ | Main | トビズムカデ »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ