« 10月23日:本日の蝶風切紙 | Main | 10月30日:本日の蝶風切紙他 »

October 27, 2008

10月27日:本日の蝶風切紙他

20081007
(蝶風切紙「折り切り紙」型基本形)

手軽に蝶のような模様(実際にはかなり異なりますが)を作りだすにはこの作風が向いています。
折って切るの繰り返し。
最後に輪郭を切り抜いて出来上がり。

Mix03
(切れ端小物集)

細かい部分が見えないですねcoldsweats01
いままでは私の使用している300万画素のデジカメを超高性能に感じていましたが、最近はいたるところで驚きの性能を持ったデジカメを見せつけられているためか、少し心もとなく感じるようになってきてしまいました……などという新製品の誘惑にはまだまだ負けません。

それはさておいて、

最近は切れ端の更にその切れ端も出来れば使用したいと試みていますので、継ぎ接ぎ小物作品に集中しています。

それにしてもメビウス様の飛蝗系が素晴らしいですね。
私の作った小型ショウリョウバッタ君が恥ずかしいから載せないでくれと私をにらみつけてくるのですが、仕方がない……既に公開しちゃったんだから……残念!


« 10月23日:本日の蝶風切紙 | Main | 10月30日:本日の蝶風切紙他 »

Comments

ブログの世界も早いもの勝ちでしょうか(笑)?後悔する必要なんかはないと思います。
最近黒系の連続ですから、ファション感覚でしょうか。note

r様、リアルタイムなコメントをどうも有り難う御座います(笑)!
後悔はしていませんよ、公開しただけですsmile
黒系が連続なのは、手元に黒の折り紙が大量に残っているからなのでーす。

いきなりお褒めいただいてありがとうございますm(__)m
飛蝗系は苦手だったのですが、あの竈馬で何かがつかめた気がします。
私は切れ端は練習に使っていますが、今日小さいヒシバッタを作ってみて小物も大切だなぁと思いました。

飛蝗系をほとんど回避する傾向がある私にとって、メビウス様の作品はこの上ない教師です(笑)。
どうも私は気質的にバッタが苦手なようですね。
おそらく原因の一つとして、竈馬事件も関係しているように思われますcoldsweats01

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 10月23日:本日の蝶風切紙 | Main | 10月30日:本日の蝶風切紙他 »

My Photo
無料ブログはココログ