« 2月21日:本日の蝶風切紙 | Main | 2月23日:本日の蝶風切紙 »

February 22, 2009

ケラ(準リアル型)

Kera00a

図鑑を眺めながら蝉の幼虫をカッコ良く仕上げようかな……
てなことを思いつつページをめくっていた結果、ケラを作ってしまいました。
なんとなく構造が似ているんですよね、ケラと蝉の幼虫って。
同じ土中生活の虫だからでしょうかね。

Kera00b

何だかモグラのような甲殻類のような……
切り折り紙的型としては近い部類なのでそう感じてしまいます。

大きさは2倍以上になってしまいました。
(実物は3cmほどだそうです)

1ピース糊付けあり。
本来ならば糊付けなしで出来る構造ですが、
空気に触れた回数の多いニスを塗ったことにより想像以上に分厚くなってしまい、折りだけでは形の維持が困難になってしまいました。
(折り込みが多いことも原因のひとつです)

筆付きニスは量が減ってくる(空気に触れる)と厚くなる傾向がありますね。
よって、私は作るものによって新品のニスと使い古しのニスを使い分けています。

Kera00c

裏側ですが、頭部周辺が空虚です。
紙を多く使用してその部分を埋めるか……
このままでいくか……

紙の長さと裏側の作り込みの兼ね合いに頭を悩ますことが多いですね。

« 2月21日:本日の蝶風切紙 | Main | 2月23日:本日の蝶風切紙 »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

今日自分が着色したキラキラ蝶を小さい写真フォームに入れてみました。フォームの色は木目色、青、緑、黄色いなどがありましたが、迷った末木目色を選びました。背景を浅い紫と浅い緑にしてみました。ラメ使いはいまいちですが、形がいいですので、飾ってみたいと思います。cherryblossom

☆r様

改めて、個展の際はいろいろと有難う御座いました。
そうですね、写真フォームを選ぶのって楽しいですが難しいですね。
私は木目色を好んで選ぶ傾向があります。

ラメ使いは何度か試しているうちに上手になりますよ(笑)!
r様も短期間でかなり上手になっていましたしね。
また今度お会いする時に蝶の切り抜きを差し上げますので、それで再びラメ蝶を楽しんでくださいませ。
(この前忘れていった「カニ」さんもありましたね)

こんにちは。
とても繊細に作られたケラですね。
裏側も見れるのでとても参考になります。
虫を作っていると裏側をどうするか、悩んでしまいますが、悩む所は同じですね。
とはいってもケラは作れませんが、我流切紙人さんの作品を参考にして作ってみたいです。

☆タニチャン様

有難う御座います。
紙のような薄い素材ですら、その紙質の違いで折りに支障が出ますので、銅板では更に難しいことだと思います。
私は尾の方から作っていく傾向がありますので、最後に顔を仕上げる時には集中力が切れていたり……なんてことが多々ありますcoldsweats01
まだまだ修行が足りませんね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 2月21日:本日の蝶風切紙 | Main | 2月23日:本日の蝶風切紙 »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ