« デザインフェスタの資料が届きました | Main | コガネサソリ系(其の壱) »

April 08, 2009

甲殻類+α

Mix06

なぜかカニさんだけは腕が勝手に作ってくれます。
(なんとな~くわかるのですがスピリチュアルな感覚な為、秘密です・笑)

腹側まで作っていますので

けっして楽なわけではないのですが

作っていて楽しいといいますか

途中でイタズラ心が芽生えて変な細工をしてしまうこともありますが

とりあえず作れる。
いまの私にはありがたいことですね。

このなかから真面目に作ったものをビルドアップして、
デザインフェスタ用に調整していこうと思います。

今後は本気のサソリを仕上げられるようにモチベーションを調整していきたいと思いますが、
どうせ私のことだから、
サソリが面倒になってサソリモドキに変更だなんて言い出してしまうかもしれません。

でも……

ですよ。

サソリモドキもカッコいいんです!

« デザインフェスタの資料が届きました | Main | コガネサソリ系(其の壱) »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

着々と準備が進んでいますね。私もカブトムシ、クワガタで約50、ダンゴムシ3〜40その他色々20位用意しました。何が受けるか判らないので、もう少し増産しようと考えています。
余ったらヤフーのサイトで販売します。

甲殻類大集合ですね。
色とりどりでとても見ていて飽きないですね。
水辺の生き物には癒しのパワーがあると思います。
僕がお客さんなら全種類買って水槽の中に水辺の際を作っていれたいですね。
とてもすばらしいアートになると思います。
想像するだけでもワクワクしてしましますね。

☆たけとり様

ありがとうございます。
品揃えが豊富そうで凄いですね(笑)!
私はまだまだです。
販売用は画像のうちの3割程度ですので、
フェスタに向けてまだまだ制作する必要がありますね。

それから、
フェスタの位置取りが角ですので、L字型で机を並べると面白そうです。

☆タニチャン様

以前タニチャン様に提案していただいたカラフルバージョンを試してみました。
薄い色の画用紙は余ってしまう傾向がありましたので、これにて一件落着です。

なるほど!
水槽に入れるのも面白そうですね。
購入者の方々には自由に撮影を楽しんでいただいて、
自由にブログにアップしていただく、
そういうタイプのコラボも面白そうですね(笑)。

すごいです!たくさんいるし。

☆r様

ありがとうございます(笑)!
半分は以前に作ってあったものなんです。

こんばんは、タニチャンです。
我流さんに送るザリガニを作ってみたのですが、銅板の地の色と黒色に着色した物とどちらが好みでしょうか。
宜しくお願いします。

☆タニチャン様

細かいところまでお気づかい有難う御座いますhappy01
銅板の地の色のタイプをお願いしてもよろしいでしょうか。
お手数おかけしますが、宜しくお願いします。
(楽しみにしています!)

最初、この記事を見たときも色とりどりで凄いなぁと思ったのですが、先日切り折り紙でカニをつくる練習をしていたときに参考にさせてもらおうと再び見させていただきました。じっくりと見ると1円玉を中央に発見!!
凄い大きさですね、あの大きさであの完成度は凄いですね。それとジャンケンができそうなカニもちらほら。一枚の画像で2回楽しめました。

☆いこまる様

ありがとうございます。
余った切れ端をどうにか活かせないかと思い、開始したミニシリーズです。
小さいとどうしてもシンプルになってしまいますが、だからこそ発見できることもありますね。
ジャンケンバージョンは紙の大きさが足りない時の苦肉の策で御座いましたが、楽しんでいただけて光栄です(笑)。
(私の切り抜き方ではハサミが最期の仕上げになります)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« デザインフェスタの資料が届きました | Main | コガネサソリ系(其の壱) »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ