« 5月7日:本日の切り折り紙 | Main | イカ(お遊び型) »

May 09, 2009

カブトガニ(プチ本気型)

Kingcrab090509a
(カブトガニの型紙:少し凝ったタイプ)

過去に数回試作してきたカブトガニですが、
今回はかなり詳細まで調べてから作り始めました。

いままではカニやザリガニなどの十脚類の感覚で5対の脚をこしらえておりましたが、実際は6対であるということに気付きました。
第一歩脚(一番前の脚)がかなり短いために見逃しておりました。
今後は注意して仕上げていきたいと思います。

さて、型紙を切り抜いたはものの、
過去のタイプとは異なるため、
上手く最後まで仕上がるかどうかわかりませんcoldsweats01
そんな状況でスタートしましたが、
折りの際に多少の妥協をすることでどうにか完成にまで辿り着きました。

Kingcrab090509c
(参考:学研「原色ワイド図鑑・水の生物」)

ラシャ紙使用。
初めて使用する紙です(笑)。
A3サイズを50円で購入しましたが、私の中ではなかなかに高級な紙で御座います。
感触としましてはきめの細かい黒の画用紙といったところでしょうか。

1ピース、補強のための糊つけあり。
ニスでコーティング後、折りの作業に入ります。

Kingcrab090509d

裏側もこだわって作りましたが、
もう少し脚の位置を全体的に下げたい気がしますね。

尚、カブトガニは甲殻類ではなく、どちらかといえばクモに近い存在なのだそうです。
私は一度だけ実物を見たことがありますが、正直あまり覚えていませんcoldsweats01
ですが、かなり大型な個体であったため(40~50㎝くらい)、さすがにクモとは思えませんでした。

Kingcrab090509e

絶滅危惧類なため、食用に用いると罰せられる可能性がありますが、クモやダニに近いだけあってあまり美味しくはないのだそうです。

いやぁ……
見たときは流石に食べたいとは思いませんでしたけど(笑)。

※ウィキペディアもかなり参考にさせていただきました。
いつも素晴らしいデータをどうも有り難う御座います。

flairflairflairflairflair

デザインフェスタに出展します。
今回は他の切り折り紙の達人の皆様との合同出展となります。

ブース名は「切り折り紙探検隊」です・笑。

日時:5月16(土)、5月17(日)
場所:東京ビックサイト
ブースNo:C+1126、1127(4階です)

合同参加の皆様は
川合工房様(土日参加)
たけとり様(土曜のみ参加)
メビウス様(土日参加)
シザーハンズ様(未定、可能な場合は土のみ)
私(土日参加)
の予定で御座います。

作家ごとに個性が出てしまう切り折り紙の可能性を是非体感してください。
そして一緒に切り折り紙を盛り上げていきませう!

« 5月7日:本日の切り折り紙 | Main | イカ(お遊び型) »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

これはすばらしいsign03
天然記念物のカブトガニをここまでリアルで、きれいに作ってしまうとは、生命の歴史を我流さんの技で凌駕してしまいましたね。
とても神経を使われて作ったのではないかと作品を見て思います。
僕も実物を見た時に、食欲はわきませんでした。
嫁が作り方と完成品を見て、びっくりたまげています!

☆タニチャン様

ありがとうございますsmile
色々な生物の構造を観察していると驚きの連続ですね!

最近、タニチャン様のカマキリの素晴らしさに影響されて私も新たなタイプを作ってみましたが、なかなか納得のいく形ができません。
特に腹部の表現と顔の形が難しいですね。
あまりにも上手くいかないものだから、方向転換してシャコでも作ろうと思いましたが、うっ…想像以上に強敵ですね(笑)!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 5月7日:本日の切り折り紙 | Main | イカ(お遊び型) »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ