« June 2009 | Main | August 2009 »

July 30, 2009

本日の蝶風切紙(090730)

20090707
(15×15 折り紙)

本日は以上です♪

なんとなくザリさんに見えるかも……
意識はしていないのですが。

July 29, 2009

腕の反抗期

090729

最近は腕さんが「だるい、だるい」言うて、なかなかいうことを聞いてくれへんのでなかなか本気のザリさんを作れずにおります。
申し訳御座いませんcoldsweats01

いやいや、そもそも本気の中の本気は元気な時にだってそう簡単には作れないのですから、何も卑下するこたぁ御座いませんよ。

というわけで、
過去に…といってもかなり以前につくってメモ帳に挟んであったミニ蝶風などをラミネートするなどしながら小休止しておりました。

ラミネートして何をするかはまだ決めておりませんが、
何かをしようと思えば何にでもできるでしょう……
気にしない気にしない。

とりあえず、
しおりを作ってみよう♪

あとは腕慣らしに小型の立体君
(ゴキ・ムカ・サソ・クワ)

本気型に向けての実験ザリ君

本気型のザリ君はノイローゼ一歩手前の真剣さで真剣に作りますので、多少は調子にのっているくらいの時の方が作りやすいのですが、最近は調子にのるどころか作ることすら億劫になってしまって……

い、いかん!!

言語化すると本当にそうなってしまいそうですから、
感情と状態は素直に認めつつも、
断言してはいかんのです。

などなど……

真面目に、嘘をつかずに、
正直にやる気の無さを報告させていただきましたが、

てへっsmile

そんなことを言っている時にいきなり仕上げてしまうのが天邪鬼の特権なのです(笑)。

※少し壊れ気味なためか口調や言葉使いが滅茶苦茶なことになっておりますが、
温かい目で見守ってくだされ、宜しくお願いします。


July 25, 2009

本日の蝶風切紙(090725)

20090706
(15×15 折り紙)

緻密さと優雅さは共存できるのか?

いまのところは

難しい……そう感じます。

July 22, 2009

アメリカザリガニの細部を知る

Crawfish090505b
(まずは過去に作ったザリガニを見て、その足りない部分を知ります)

既に知っている部分は除いて表記していきます。

<小触角は左右2本、しかし先が2つにわかれている>

なるほど…だから、写真を細かく観察した時には4本に見えていたわけですね。
自分の目がかすんでいたのだと思いましたが、これを知って安心しました。
そういえば、イセエビを作る際にはしっかりと4本にしていましたね。

<腹部は6つの節で出来ている>

尾を除いて6つの節。
よかった~、いままでの作り方で問題なし。
あっ、いえ、過去作は胴体との付け根の一節を作っておりませんでした。
以後は作るように気をつけます。

<尾(びせん)>

5枚にわかれています。
中央を尾節といい、左右の2つを尾肢と呼ぶそうです。
この部分はしっかりと作れておりました。

<第4歩脚の爪は前に向いている>

いわゆる一番後ろの脚の爪が前を向いているということです。
残念ながら、このことについては知らずに作っておりました。
以後気をつけます。

<腹脚は5対>

尾の内側に付いている小型の脚です。
この部分に関しましては書くと長くなりそうですので省略します。

<口の構造>

図鑑でもわからないもっとも注目していた部分がこれです。
大あご、第1小あご、第2小あご、あご脚……うっ、細かすぎる。

でも作り甲斐がありそうですsmile

過去作の本気バージョンまでは目に頼っていて、
各部の厳密な詳細についてはまったく気にせずに、
というよりは気にする余裕もなく作っておりましたが、

本気の中の本気バージョンに関しましては、
上記のような細部にまでもこだわって、
しかも1ピースで仕上げることにこだわってみたいと思っています。

糊付けは……
なしで仕上げることが出来れば極上ですが、
今目指している細かさを糊なしで仕上げられるかどうかは現段階ではわかりませんので、この点については保留しておきます。

さ~て、
いつになったら作り始めるのでしょうcoldsweats01

作り始めたらノンストップで仕上げますのでおそらく速く仕上がると思いますが、
(とはいっても5時間以上はかかってしまうかもしれません)
問題は時間とモチベーションの確保ですね。

こればかりは計算のしようがありませんので困ったのもですcoldsweats02

※参考文献『ナチュラナビ さがす! 飼う! 育てる! ザリガニ』
監修:武田正倫 写真:関慎太郎 フレーベル館 780円+税

本気の中の本気バージョンのザリガニを作るためだけに購入してしまいましたflair
ですが、これはザリガニマニア必見の素晴らしい本ですよ!
(私はマニアでは御座いませんよ、念のため)

July 19, 2009

久々に見た実物のゴキブリ君

Cockroach090719

数年ぶりに見かけたゴキブリ君。
実際にはどこかで見かけていたのかもしれませんが、
認識の上での発見は久しぶりで御座いました。

もしも室内で発見していた場合は、
急いで外に誘導したであろう私の姿が想像出来ますが、
今回のように屋外で見かけた場合は、
思った以上に気持ち悪くは感じませんでした。

むしろ、少し可愛い?
そんな変な感覚でしょうか……

Cockroach090719a

実物では難しいですが、
切り折り紙のゴキ君ならば手に乗せても大丈夫smile

ねっ!
可愛いでしょう♪

Cockroach090719b

今回のゴキ君の翅はラメ入りのニスを塗った後、
更にテカリを出すために普通のニスを重ね塗りしてあります。

実物の翅をじっくり観察して気付いたのですが、
光沢感が反射して想像以上に綺麗でしたよ。

Cockroach090719c

実物はもう少し平べったいのですが、
私の趣味で少し厚めの仕上がり具合にしてあります。

この方が少しカッコ良く見えませんか(笑)?

どうでもいいことですね……coldsweats01

本日の蝶風切紙(090719)

20090704

腕が疲労気味だから小休止って言っておきながらも、
腕が作りたがっているものですからついつい作ってしまいました。

(これって禁断症状?)

ですが、やっぱり腕の疲労感が回復できていないことは相変わらずですので、集中力が持続できず早めの仕上げとなってしまいました。

今回使用した折り紙君。
中途半端な状態で使ってしまって申し訳なかったです。

ごめんなさ~い♪

※蝶風は後ほど追記しました。

July 18, 2009

本日の蝶風切紙(090718)

20090703
(15×15 折り紙)

蝶風切紙三連続です。
あっ…握力の回復が間に合わない……think

指だけで行っていればそれほどの疲労感はないはずですが、
ハサミの小刻みの連動を数時間単位で継続していると、
どうやら腕全体が疲労してくるようで御座いますね。

もしかしたら、腕だけではなく全身疲労しているかもしれません。
特に腹筋がだるいです…って、それは咳によって腹筋を鍛えた証拠ですsmile

よって、蝶風は再び小休止して、

次回はゴキブリ君にでも登場していただきましょうか!

ゴキブリ君もよ~く観察すると、
なかなかに可愛い存在なんですよ(笑)。

触れることには抵抗がありますが……

July 15, 2009

本日の蝶風切紙(090715)

20090702
(15×15 折り紙)

昨日の作りかけの蝶風切紙が完成しました♪

今回は私の集中力が足りないために、
ハサミの持ち味を十分には活かせない仕上がりとなりました……

というのは切り終えた段階での私の感覚で御座いましたが、
展開して見てみると思ったよりも面白い形に仕上がったような気もしますね。

とりあえず最後まで無事に辿り着けることがいかに有り難いことか……

それは腕が勝手に動いてくれて失敗率が低かったときには味わえなかった感覚でもあります。

July 14, 2009

その時その時の表情がある

20090702a

どうにか間に合いそうもありませんのでcoldsweats01
途中の段階ですがアップしてしまいました。

本当は8時頃に当初作っていた赤紫系の蝶風切紙を載せるつもりでいたのですが、
なんとあろうことか87パーセントほど仕上がってきた段階で失敗して切り落としてしまったために没になってしまいましたcrying

技術的なミスというよりは完全に集中力の欠如であったと思います。
基本的には2時間くらいを目安に呼吸数を減らしてノンストップで仕上げることが蝶風のスタンスであったのですが、最近はいろいろな事情で30分くらいしか集中力が持続出来ないためか、日数をわけて作っておりました。

ですが、やはり流れというものは大切で、
一度作り始めたら、一気呵成にいかないとどうもしっくり来ないような気が致しますね。

それにしても久しぶりの致命的ミスやわ~、凹むわ~think

では、
この写真の切紙の続きを行いますので失礼いたしますnote

July 11, 2009

本日は蝶風切紙(090711)

20090701
(15cm×15cm折り紙使用)

過去の蝶風切紙の大半はミサハ使用で仕上げたものでありますが、今回からは新たなるハサミを使用して仕上げていく予定です。

別にミサハが使用不能になったわけではなくて、
少し疲れ気味なミサハにはしばらくの充電期間を過ごしていただこうと思います。
何せ五年近くもぶっ通しでほぼ毎日、あらゆる硬さの紙を切り抜いてきたものですから、
その疲労具合は相当なものだと思われます。
よってしばしの休養を取っていただきたいのです。

そこで、簡単に新たなるハサミの使い勝手を簡単に説明しますと、

繊細さを求めるという意味ではミサハが最適ですが、
4枚以上の重ね切りや単純な切れ味という意味では今回の鋏の方が使いやすいような気が致します。

これはあくまでも現時点の感覚なので一定期間の使用で変わる可能性もあります。

20090701a

まずは切り抜きの感触を確かめます。
ミサハに比べて刃が紙の色をこすり取ってしまう可能性が高いために、色側を内側にして切り抜きます。
尚、ミサハ使用時も細かい切り抜き、或いは、手汗をかきやすい時期は同様にしています。

20090701b

そして、切り抜いたものをゆっくりとはがしていくのですが、
この作業が一番緊張する瞬間です。

なぜならば、
ハサミの圧力がかかっている部分(切りぬいたあらゆる輪郭)の染料(折り紙の色の部分)がピッタリとくっついてしまって、はがす際に色がはがれて白くなってしまう可能性が高いからです。
もちろん、ちぎれてしまうことも多々あります。
これは細かく切り抜いた時ほど慎重になる必要があります。

この作業の段階では、どんなに丁寧にはがす作業を行っても失敗する可能性がありますので自信作ほど駄目にしやすいという実に厄介な場面であるのです。

過去にも5点ほどのお気に入り作品を没にしていますので、
切り抜く際には自分の力量の限界の二歩手前くらいで止めておくようにしています。

とは言いながらも、
この最後に駄目にしてしまう可能性が高いからこその達成感が病みつきになってしまうという感覚も否定は出来ませんねthink

最後に、
今回からお世話になるハサミに登場していただこうと思います。
(値段は800円くらいです。ちなみにミサハは300円)

ジャンジャジャーンsign03

20090701c

名前は半年くらい使い続けてから決める予定です。

う~ん、どんな名前がいいでしょうね(笑)……

零式とミサハがそれぞれ漢字とカタカナですので、
今回はアルファベットが面白いかもしれませんflair

July 08, 2009

ムカデ脳、或いはムカデ腕?

Centipede090708a

なぜかわかりませんが、
急にムカデを作りたくなってしまいましたcoldsweats01

しかも、出来る限り小さなムカデを……

参考のムカデはオオムカデ系のトビズムカデ(黒光りして大きなムカデ)で脚は21対なのですが、
別の図鑑でオオムカデ系の脚の数が21対、或いは23対と表記されていたものですからついつい23対で仕上げてしまいました。

今回は紙の長さが足りずに分割して作りましたが、
切り折り紙は基本的には分割せずにひとつながりで作った方が流れの良い作品に仕上がるように思います。
(私の場合です)

Centipede090708b

このサイズですとオオムカデ系では小型種のセスジアカムカデに近いですね。

おっ……

なんとセスジアカムカデは脚が23対ではないですか(笑)!

あっ………

こういうときは最初から

「今日はセスジアカムカデを作りました。よって脚が23対です」と言えばいいのにね!

flairflairflairflairflair

私たち切り折り紙探検隊の「切り折り紙普及活動」報告及び宣伝で~す!

たけとり様
『昆虫立体きりおりがみ(泉書房)税込900円』が好評発売中です。

メビウス様
夏休みのど真ん中である8月15日(土)に
イオン柏にて切り折り紙の「手作り工作教室」を実施予定です。
※詳細は今後のメビウス様のブログをご覧くださいませ。

あっ!
8月15日(土)は私の切り折り紙講座と重なっているため残念ながら私はいけないかも……
でもでもっ、
今のところ人が集まらず休校の可能性が高いから行けるかも(笑)。

私ごとで恐縮ですが、
7月から1年間、月2回のペースで
切り折り紙講座を銀座にて開講させていただいております。

興味のある方は是非よろしくお願い致します。

尚、講座のホームページからの申し込みに抵抗のある場合は

neutkawa51アットマークu01.gate01.com
(アットマークは記号に変換してください)

上記メールアドレスに連絡をいただいても申し込みは可能です♪

July 06, 2009

本日も紋切紙?(090706)

Monkiri090705

なんだか紋切なのか蝶風なのかわけのわからない状況になってきましたcoldsweats01

ですが

わけがわからないというよりも

わけをわかろうとする方が無理があるわけで

私はただ単に

その時の腕の調子を確かめるために

ひたすらに試し切りするだけなのですnote

すると

1000分の1くらいの確率で納得のいくものが出来ることもあるかもしれない……

ただそれだけのことなのです。

July 04, 2009

テントウ虫君の夢

Sample03

確か……

この中央にいるテントウ虫君であると思いますが、

なんと

YouTubeデビューしてしまいましたsmile

今回の動画は

haco様(写真撮影担当)
strummercaster様(動画担当)
私(テントウ虫君を作っただけcoldsweats01

3人のコラボレーション作品です!

動画はhaco様のブログ「テントウ虫君の夢」にて満喫してくださいねnote

haco様、
strummercaster様、
どうもありがとうございました。

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ