« 本日の蝶風切紙(090801) | Main | 本日も蝶風切紙じゃ!(090806) »

August 03, 2009

はさみの日

Scissors

本日8月3日は「はさみの日」。

せっかくですから、
私が主に使っている(いた)はさみさん達に登場していただきましょう。

まず一番上のはさみが最初の頃に使っていたはさみで御座います。
10年以上前にあらゆる作業に使用しておりました。
当時はそれほど切紙に没頭しておらず、
たま~に蝶(普通の形です)やクワガタムシを切り抜く程度で御座いました。
ですが、「高速振動切り」と私が名付ける微細なギザギザを高速で切り込む技術は当時が一番卓越していたことでしょう。
しかし、この技術は日常ではほとんど役に立ちませんので最近はどんどん腕が鈍っております。

次の真ん中にあるはさみが知る人ぞ知る名鋏、その名も「ミサハ」で御座います。
このはさみは何度もブログ内で紹介させていただいておりますので詳細は省きますが、
とりわけここ7年ほどお世話になっている最愛のはさみで御座います。
尚、ブログで公開している切紙の99.9%はこのミサハで仕上げたものです。

これだけ愛用しているミサハでは御座いますが、
実は一番上のはさみを主に使用していた当時はなんとあろうことかプラモデル用に使っておりました。
なぜか?
当時は相性が悪かったから、使いにくかったから、ただそれだけなのです。

それがいつの間にか最も相性の良いはさみになっていたわけですから、相性というものも不思議なものですね。
気付いたらそうなっていた……そんな具合です。

そして、最近使用しているのが一番下のはさみです。
どうやらだんだんはさみが大きくなっているみたいですね。
写真の角度の影響も多少はありますが、下のはさみほど大きいです。

はさみは大きくなっていながらも、
切り抜きは小さくしていく……

人が小さいはさみを使用していても、
私は愚かにも普通のはさみを使用していく……

なぜか

それは

だからこそ出来る形もあるということを証明したいからなのです…というのは後付けの理屈であって、本当のところはようわからんのです。

ですから、とりあえずは天邪鬼と言い続けているのです。

« 本日の蝶風切紙(090801) | Main | 本日も蝶風切紙じゃ!(090806) »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

手にあったハサミとピンセットが1本ずつあればいいのでしょうが、ついいろんなハサミに目がいってしまいます。
ゴルファーのクラブや釣り師の竿と同じような感じでしょうか。(値段は大きく違いますが。)
でも我流さんみたいに普通のハサミを究極まで使いこなすのはカッコイイと思います。

なるほど。今日は娘の誕生日です。ハサミは頭に浮かびませんでした。
よりよいハサミを探してみます。岐阜に住んでいますので、刃物は関市が有名です。「関の孫六」で有名です。ナイフは関のものを持っているのですが、紙を切るのに適したハサミを探してみます。

ギンガーのハサミでしょうか。
ネットで調べると色々ありますが、なにがいいのか解りません。
趣味の釣り道具のハサミは使いやすいです。

☆いこまる様

ありがとうございますhappy01
私も基本的には相性のいいハサミとピンセットが一本づつあれば十分であると思っています。
とはいいながらもお店で使いやすそうな取手のデザインのハサミを見るとついつい目が行ってしまいますね。
最近は個展の際などに私以外の皆様に使用していただくハサミやピンセットを用意する必要性から色々な物を探すようになりましたが、道具というものは使用する人による個人差もありますので難しいですね。

☆middle60様

娘さんの誕生日ですか!
おめでとうございます。
「関の孫六」の関市は岐阜県だったのですね。
この話をを聞いてびっくりしたのですが、実は今回の写真の一番下のハサミが岐阜県関市の丸章工業(株)様の製品で御座いました。
ステンレスフッ素加工の事務用160mmのハサミで、
刃の部分には「HI-NEVANON」と書かれていました。
値段は1000円前後であったと記憶しております。

このハサミを切紙視点で使用してみた感覚と致しましては、
刃は少し厚めですが、滑りがよく、切紙の際の急カーブ(直角)にもある程度対応出来るという、そんな感触で御座いました。

他(上)の二つのハサミは使いやすさというよりは、もともと持っていたハサミに腕の方を合わせて相性を築き上げたような感覚があります。
もしかしたら、ハサミ自体の性能よりも、長年使って培う相性というものも大切なのかもしれませんね。

こんばんは^^
ハサミの日とはまったく気付きませんでした。
僕も仕事柄、金属用のハサミを使いますが、自分にあったいいハサミはなかなかありません。
今のハサミは我流さんと同じく10年以上使っていますが、とても相性のいいハサミです。
蝶風切紙を大きなハサミで切っていく、まさに神業(紙技)ですね。
(笑)

☆タニチャン様

こんばんは!
確かに、ハサミをはじめ使いやすい道具を見つけるのは難しいです。
最近気付いたことですが、道具もいきなり相性がいいというのは難しくて、なんとなく使いやすそうな道具を多少納得がいかない部分があっても使い続けていくことでようやく相性が良くなって来るような気もしますね。
蝶風を大きなハサミで切っていく…天邪鬼の真骨頂ですsmile

こんにちは~

細かい作業なので専用の小さなハサミかと思っていましたよ!
ハサミにもいろいろあるんですね~。
うちのハサミは100円ショップで買ったハサミと
小学校の頃から使っている黄緑色の柄のハサミです。
主にお菓子の袋を切るのに使ってますヾ( ´ー`)

☆あき様

こんばんは♪

はさみも色々ありますね~。
直線を切るだけでしたら100円ショップのハサミも十分な機能を持っていますね。
私の切紙は曲線や急カーブを多用しますので刃が滑らかなハサミが相性がいいみたいです。
値段は関係なく、取っ手の大きさと刃の滑り具合が個人的にはポイントであると思っています♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 本日の蝶風切紙(090801) | Main | 本日も蝶風切紙じゃ!(090806) »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ