« もうそろそろ…… | Main | 着色について »

September 14, 2009

最近のミニミニ君たち♪

090914

当初は荷物を軽くするための方便であったミニミニ君作戦では御座いましたが、最近はむしろ、こちらの方が作っていて楽しくなっているような気がいたします。

サソリン君とムカデ君は少し手抜きで作ってしまって申し訳なかった気もしますが、
コーカサス君とマルス君は真面目に作っただけあってこのサイズにしてはなかなかな仕上がりになったことだとおもいますね。
制作時間は手抜き君たちの方がかかっているのですが、
私の場合は短時間で集中した方が高度な仕上がりになる傾向があるみたいです。
考えながら手を動かす時よりも、
手が勝手に動きながら同時に考えも冴えてくれる……そんな時、
或いは考えもしなければ手も動いている気もしない……気付いたら仕上がっていた、
そんな時が極上なのかも……という経験は数回も御座いませんが。

そして今回初の試みであるスプレー着色で御座いますが、
実験としてパプキン(パプアキンイロクワガタ)君を作ってみました……

のですが、
これではニジイロクワガタのようにも見えますよねcoldsweats01
いやいや、何者にもみえへんで~
ならばガリュウキンイロクワガタと名付けよう!

だってぇ~
スプレーを4回ほど重ね塗りしたら折りにくくなってしまったんだもん。
その前にまだまだスプレーのコツがつかめておりませんので試行錯誤の連続で御座います。

気付いたこと其の壱
金色スプレーは強いため、下地に塗るべし

其の弐
黒の紙には色が栄えないこともあるため、
下地に白を塗った方がいいかも……
なんていう常識に反して私はあくまでも黒にこだわっていくつもりです。

其の参
狙った着色はなかなかうまくいかないけれども、
偶然できた着色もなかなかの味を出していて◎。
でも偶然に期待してばかりではリアルからは程遠くなってしまう…かもしれない。

以上、
だらだら書いてきた文章はどうでもいいのですが、

とにかくスプレーの臭気は強烈ですので、
使用する際は換気を十分に良くしてから行ってくださいな♪

私はしばしその臭気で頭がくらくらしております~

だから文章が支離滅裂になってしまっているのです。
(しょっぱいいいわけをして申し訳御座いませんでした)


« もうそろそろ…… | Main | 着色について »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

金を先にですか。一度やってみます。
スプレーを吹き出す距離を離して味を出そうとすると、すぐに缶がなくなってしまいます。たけとり様のご本にあったように黒は前から茶は後ろから。ずいぶん放して茶をプップップと超軽く吹き付けないとうまくいかない等色々覚えました。

☆middle60様

スプレーも実際におこないながら試行錯誤して覚えていくしかない部分も多いですね。
その試行錯誤がまた面白いのですが(笑)♪

金のスプレーに関しましては当初、
最後に薄く吹きかけてうっすらと金箔を乗せようと考えていたのですが、想像以上にべったりとなってしまって驚きました。
反面、金色をベースにした表現は多様性を秘めておりますので、今後はこのあたりの着色表現も模索していこうと考えております。

質問ですが今回のスプレーやいつも使っておられるニスは油性(?)ですか、水性ですか?
部屋の隅でこぢんまりと工作をするには水性がいいのですが油性の方が長持ちするかなあと思います。
そういえば小学生の頃、プラモデルに色を塗るときシンナーのにおいでくらくらしたことを思い出しました。

☆いこまる様

いままで使っていたニスは全て子供用の「工作用筆付きニス」です。これは水溶性で臭気も子供用にアレンジされています。
また、小さな室内でもよほどに臭いに嫌悪感のある人でない限りは問題なく使えるものですので、あらゆる意味でお勧めの品です。

そして今回はじめて使用したニスなどのスプレーは全て油性です。
(金色のクワガタのみに使用しました)
これらにつきましては臭気が強いこと、噴射の際に液が巻き散ることなどの副作用が多いため、私のような狭い室内で作業を行う人にはお勧めできないような具合で御座いました。
ただし、アトリエがある人や庭がある人には工作的な追究の可能性という意味でも素晴らしい着色材のように思います。

明日のブログで私が使用した子供用のニスやスプレーを載せますので、もしよろしければ参考にしていただけますと嬉しいです。
(今すぐに載せればいいものの、面倒臭がり屋で申し訳ないですcoldsweats01

私も我流切紙人さんにこのニスを教えてもらいました
それまではスプレータイプのニスでしたが、狭い室内ではとても使えません
今では私の必需品になっています
一つ注意点は夏休みが終わると店頭から少なくなることです
私は見つけたら買いだめしてます(笑)

☆なべさん様

私はなべさん様の筆付きニスの塗り方に衝撃を受けました!
私は均等に塗ってから折りに入りますが、
なべさん様は確か折りを加えてほぼ仕上がった後に…
なんと!
ニスをポタポタと垂らすような感じで塗っていましたね(笑)。
あぁ~こういう塗り方もあるんだぁ~と感激いたしました。
同じ道具でも色々な使い方があって面白いですね。

ちなみに私のお世話になっているお店ではほぼ常に在庫が確保されているみたいです。
また、近所の文房具屋(問屋さん)で発注することも可能ですので、品切れで困った時はお任せ下さいね!
(しかも二割引きです…最近はそれ以上に安いお店も多いですが)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« もうそろそろ…… | Main | 着色について »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ