« 最近のミニミニ君たち♪ | Main | 続・着色について »

September 16, 2009

着色について

基本的に私は着色が苦手ですので
出来る限り単色で表現できるものを好んで作る傾向があるようで御座います

なぜ苦手かといえば
単に面倒だからcoldsweats01
それがひとつと
もうひとつは着色にこだわり過ぎるのが怖いというのもあるのかもしれません

また
着色なしによる造形的なこだわりという視点も
大声では言いませんがれっきとして存在しているようで御座います

参考までに私の数少ない着色作品で御座います

ユカタンビワハゴロモ
シンジュサン
いずれもごちゃごちゃ系の模様ですね
どちらもプレゼント用に仕上げたものなので既に手元には御座いません
一見細かく描いているように見えますが
近くで見ると本当に好い加減な出来なのです
もちろん
受け取ってくださった皆様はお世辞で良く出来ているといってはくださりましたがcoldsweats01
(本音はあやしいぞよ~)

尚 この二つはアクリル絵の具で着色しております
着色後にニスを塗っているのですが
絵具で着色した場合は水を含んでいることが影響してか
完成後の紙が少しグニャグニャになっているような感覚になってしまうこともあります

さあ
ここで登場していただくのが
いつもお世話になっている「工作ニス」殿達で御座います
このハケが目に入らぬか~♪

090916a

こちらの御方が私の愛用している
クツワ株式会社の「ハケ付き工作ニス」殿で御座います
水溶性
私の近隣店での価格は300円前後(定価は399円らしいです)
臭気もわざと鼻の前に持って来て呼吸しない限りはほどよい芳香を放つ
いわば工作用香水といったところでしょうか

横にいる御方はラベルをはがしてしまったため
今から調べます
え~と…はい わかりました
デビカの「ピカッとツヤ出し!ねんどニス」殿
水溶性
こちらも定価は399円なのですが
280円くらいで売られていてその安値につられて購入した記憶が御座います

Arthropleurat01c
(ニスを塗る前の画用紙の色)

試作の古代ムカデ君であらゆる実験を行いました
手間はかかっているけれども
手抜きという 
なんとも紙に申し訳ない仕様となりました
時間をかければいいというものではない証拠ですね
ですが 手間をかけて腕をならすことで
今後の本作に向けての下調べにはなるのです

Arthropleurat01a
(ニスを塗った後の画用紙の色)

使用した感覚といたしましては
前者(クツワ)はハケの硬さが絶妙で塗りやすく芳香という視点でも◎
乾くのも早いです(早い時は30分くらい)
弱点は使用して空気に触れる度にハケがペタペタしてきて塗りにくくなることでしょうか
ですが その弱点が時としてほどよいテカリとなり利点となることもありますので
一概に弱点ということもできません

後者(デビカ)は
単純にニスとしてみた私的感度は前者以上で御座いました
ただ 個人的にハケが柔らかくて塗りにくいと感じたこと
(ハケが少し小さい気も)
臭気という点でニスそのものであったこと
など 単に私のワガママが理由で前者を好んで使う傾向があります
こちらも乾くのが早く
感覚といたしましては前者よりも早かったような気がいたします
弱点は前者と同様
この点がスプレーニスにはない弱点なのかもしれませんね

以上

このままでは長くなってしまいますので
続きの「スプレー」編などにつきましてはまた後日に失礼いたします

ところで

なぜ
今回は句読点を使わなかったのか?

さぁ わたしゃ~気まぐれなのさ~note

※うっかり習慣で句読点をつけている部分もあるかもしれませんが
ちいさいことは気にしない 続きはゆってぃ~様におまかせします

« 最近のミニミニ君たち♪ | Main | 続・着色について »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

工作ニスですか。私も夏休みの余韻が消えるまえにホームセンターで購入してみなくてはと思います。刷毛付きは便利そうですね。子ども向けなら臭気も少ないでしょうね。
実は今(作りかけのワレカラ(画用紙を切り取り、普通の木工用のスプレーニスをかけた物)があるのですが、かなりの臭さに折りの作業に入る勇気もなく、そのまま我慢して折るか、新しく切り直すかを思案しているところです。こんなことならダイソーの臭くない105円ニスを塗っておけば良かったと思います。

☆いこまる様

私もホームセンターで購入することが多いです。
ホームセンターでは割安で購入できることも多いですから便利ですね。
ちなみに、私もダイソーのニスを使用したことがありますが、ニスを塗った後の強度という点では確実に今回のクツワさんのニスがお勧めな気がいたします。
(ダイソーにも色々なニスがあるかもしれませんが)
今まで何種類かの紙に使用して来て感じるのですが、特に画用紙との相性が抜群です。
それにしても道具選びは難しいですね。
その道具自体の性能も大切ですが、それ以上に使い手との相性も重要ですので。
もしも今回のハケ付きニスが使いにくかった場合は申し訳御座いませんがお許し下さい。

よみやすかったです。

今日長編ですね。

左利きなのに、右手でシャッターを押すのが気づきました。

☆r様

ありがとうございます。

今回は珍しく長編になってしまいました♪

利き手に関しましては、
作業によって左利きの場合もあれば右利きの場合もあります。
(例えば、鉛筆は右、絵は両方、お箸は左です)

カメラのシャッターの場合は、
カメラの設計が右利き用に作られておりますので、
(ボタンが右手側にあります)
左でシャッターを押すのが難しいんですよcoldsweats01

ですが、小さいカメラでしたら左手で押せるかもしれませんね♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 最近のミニミニ君たち♪ | Main | 続・着色について »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ