« 続・着色について | Main | 試作ゾウムシ君ほか…… »

September 20, 2009

着色はさておき……

090916b

先日からお世話になっているスプレー缶の皆様で御座います。

左側の黒とクリア(ニス)のスプレーがダイソーさんで購入したものです。
もちろん100円。
特にクリア(ニス)の使い勝手は良好でしたので今後も手塗りの難しい作品に使用させていただく予定です。
黒につきましてはまだ意見を述べる資格があるほどには使用しておりませんので今回は省略させていただきます。

試作の巨大スズムシに早速使用してみました。
今後、徐々に小さくしてきたいな~と思いつつも、
難しそうですねcoldsweats01

Bell090920a
(やはり愛着がないバッタ系は下手ですねぇ~)

Bell090920b
(オーラバトラーのブースターのような翅ですね)

Bell090920c
(そういえば、京都に鈴虫寺があったような気が……)

たけとり様の型紙をベースに
折りを多用するために各部を大きめに切り抜いてあります。

画用紙使用。
1ピース糊つけあり。
(翅の部分に1か所)

反省点は
中脚が大きくなってしまったこと
翅の形がイマイチ
などなど……

折りの前に一度手塗りのニスを塗ってありますが、
折りを加えた後の完成後に少し強度が足りないように感じましたので、
最後にスプレーのニスを吹きつけました。

今回のような手塗りが難しい形の生き物の場合は、
スプレーの方が使いやすいですね。

次に、真ん中のゴールドのスプレー缶ですが、
こちらはホームセンターで購入しました。
価格は630円(定価はわかりません)でした。
使用前は軽くスプレーして、うっすらと金色をのせる感覚で使うつもりでしたが、
想像以上にハッキリしたべた塗り状態になってくれます。
(これは嬉しい誤算です)
よって下地に利用した方が良さそうですね。

試作のパプキン君ですが……
どうみてもそうは見えません。
御試しだからしょうがない、うん。

090917
(ついでにミニネプチューン君)

黒い画用紙で仕上げたパプキン君に金のスプレーを塗って下地にします。
次に赤と緑のメタリックカラーをうっすらと吹きつけて中途半端に混ぜます。
ハッキリ言って不慣れな間は運任せな仕上がりとなりますが、
その偶然性もまた面白いのです。

今回は折る前に着色してしまったため、
紙が硬くなりすぎて折りが不十分になってしまいました。
かといって折りの後に着色すると今度は着色に支障が出そうですし…
このあたりは慣れていくしかなさそうですね。

ネプチューン君に関しては省略。
髭をつければ完成度が高まりそうですが、このままのほうが可愛らしい…気もしますね。

そして最後のスプレーが……

Arthropleurat01b

やってしまった~
ごめんなさい、古代ムカデ君。

使い慣れていないのかこういう仕様なのか
いずれにせよ私の力不足なのですが
失敗しました~

この蛍光スプレーはダイソーさんではない100円ショップで購入したのですが、
未熟者にはまだ早かったようで御座いますねcoldsweats02

よ~く振ってから使ったつもりではあるのですが、
いきなりかたまり状の液体が吹き出てしまいました。

なんじゃこりゃ~

以上

私はハサミを使うこと以外の大半に関しましては不器用な人間ということの証明のための着色講座でした~♪

« 続・着色について | Main | 試作ゾウムシ君ほか…… »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

巨大スズムシですが、普段の私の作品より小さいですよ(^-^;
しかし、塗りは本当に悩みますよね
失敗したら、どんなに上手く切れても終わりですからね
しかし、私も遅ればせながらラメの面白さに気が付いてしまいました
デザインフェスタも近づいてきたのに落ち着かない日々ですね

☆なべさん様

バッタ系は苦手ですのでなべさん様の作品の完成度の高さを目指して精進していきたいと思います!

それにしても、本当に塗りは覚悟が必要ですね。
特に新たなる試みを行う場合は駄目元の決心が必要ですから。

もうそろそろ資料が届く頃だと思いますので、
到着次第、郵送させていただきます。
今回も良い位置取りが出来ているといいですね♪

最後のが超かわいいです。

一番すきかもしれません。

☆r様

かわいいと言っていただいて古代ムカデ君も喜んでいますhappy01
古代生物なので現在は存在しませんが、
このムカデ君は2メートルもの大きさがあったらしく、
人間よりも大きな生物だったみたいですよ~♪

今度、小さいのを作ったらプレゼントさせていただきますねflair
(いらないかもしれませんがcoldsweats01

塗りは難しいでしょうね~。
折りと塗りの二つを満足いくものに仕上げるというプレッシャーもあるでしょうね。
鈴虫くん、細かいです~。
触覚はもとより脚にギザギザまでちゃんとついているのが信じられません(笑)

町内のダイソーがなくなりました。もう一軒のほうでは、塗装用のスプレーを売っていません。切り折り紙探検隊の皆様は細い足をうまく切られます。何度切ってもなかなかうまくいきません。

☆とみたや様

私はどちらかというと平面の方が得意ですので、切り折り紙で極めようとすると難しい部分があります。
実は「折り」も当初は苦手で御座いましたが、皆様と切磋琢磨させていただけているというモチベーションだけでどうにか今日までいたっている次第です。
細かさの真骨頂といえばゴキブリ君の脚でしょうか(笑)~
ですが、手間がかかる割にはゴキブリ君は不人気ですねcoldsweats01

☆middle60様

そうえいばダイソーは大規模のお店が多いですが、ひとつの町にそれほど沢山は御座いませんね。
私の近隣でも一店舗しか御座いません。
細い脚の切り抜きに関しましては慣れと同時に、使用する紙の質も重要かもしれません。
私は画用紙を多用しますが、画用紙は細く切り抜こうとすると裏側の二枚目がより細くなってしまう傾向があり、下手をするとちぎれそうになってしまいます。
少し高価ですがタント紙という紙が細いものを切り抜く練習に向いているかもしれませんね。
薄くて強度もあり、ハサミへの負担も少ない紙です。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 続・着色について | Main | 試作ゾウムシ君ほか…… »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ