« デザインフェスタに向けて(其の壱) | Main | 作品以上に手間のかかる雑用 »

October 11, 2009

新型カブトガニ模索中……

Kingcrab091011a

この円盤がなかなか思う通りにいかんのですね~♪
こまった、こまった。

…とまあ、デザインフェスタの準備はそっちのけで(こらっ!)、
新型型紙のカブトガニを模索しております。
新型といってもほんのちょっと改良、或いは、退化したかもしれないのですが……

集中力の不足を克服するには手間を省いて技術を一瞬に集約した方が私の場合は◎な気がいたします。
私の場合は休みなしでノンストップで作業を行うことが多いため、時間をかければかけるほど集中力の切れた完成度になってしまうことが多いのです。

Kingcrab091011
(失敗して申し訳なかった紙様達…ごめんなさい)

実はこの失敗作君達の製作時間は上手く出来る時に比べると3倍ほど要しているのです。
でも駄目な時は駄目。
指の動きの精度が重要な折りの作業の場合は、
むしろ早すぎるくらいの時の方が調子も良く、完成度も良好になる傾向が私の場合はほとんどなのです。

ですから……

「制作時間はどのくらいですか?」

という質問に対する返答に困ってしまうことが多いため、
いつも最短時間(作業をしている時間のみを換算)で答えるようにしています。

Kingcrab091011b

しまった…また、無駄口を叩いてしまいましたねcoldsweats01

今作は腕さんが言うことを聞いてくれない最近の中ではかなりの自信作です。
ただし、致命的な反省点が御座います。

それは2ピースになってしまったこと。
構造的には1ピースなのに円盤部が納得できなかったため、
作りなおして取り替えてしまったのです。

この点を除けば過去のカブトガニの中で1,2を争う完成度なのですが、
喜んでもらえるかなぁ~、これは一応プレゼント(お礼用)なのです。

Kingcrab091011c

ですが、2ピースにしたことで折りの作業には都合がよかったため、
より実物に近くという意味では今作が最高なのかもしれません。

それでも、
まだまだ満足できないことが精神的には厳しいですが、
それは、
まだまだ上達の余地をたくさん残しているという証拠でもありますので、

これはこれは有り難いことなので御座いますね♪

あっ、しまった~
土日で一気にデザインフェスタ用を仕上げようと思っていたのに~~

ま、いつものことですからどうにかなります、します。

flairflairflairflairflair

デザインフェスタvol.30に参加いたします。

今回も切り折り紙探検隊の皆様がハサミと紙のマジックショーをお見せしますよ~♪
(私以外)

開催日は
10月24(土)25(日)
11:00~19:00

ブースナンバーはC+1330、1331

探検隊の皆様の紹介や私の出展物などの詳細は後日記載していきます。

今回も新たなる出会いがあることを楽しみにしています♪

« デザインフェスタに向けて(其の壱) | Main | 作品以上に手間のかかる雑用 »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

遅くなりましたが資料届きました
そして栞もありがとうございます
これは絶対良いですよ
その美しさに驚きです
ちなみに省略することによる効果、逆効果・・・
昔は逆効果しか考えませんでしたが、今はその効果の大きさに気が付いてきました
考えるときりがないですね

切り折り紙で大きな曲面を作るときに、いかに自然にタックをつけるかと、平面の紙に力を加えて曲面にすることを考えるのですが、どちらも難しいです。
このカブトガニの円盤部はものすごくきれいな曲線ですね。紙とは思えない曲面ですね。美しいです。

☆なべさん様

私こそどうも有難う御座いますhappy01
初の蝶風栞がちょっと不安でしたがお陰様で少し自信が持てました。
省略術についてですが、なべさん様も私も細部にこだわる性質ですから(笑)、ある部分を省略したつもりでも、また別にこだわりの部分が出来てしまって結果としてはかえって面倒なことになっているのではないでしょうか(笑)?
(口では手抜き手抜きといっていますがcoldsweats01
考えるときりがないですが、当分の間は進化できると思うと嬉しい悩みで御座いますね。

☆いこまる様

ありがとうございます。
糊付けなしにこだわって曲線を作る場合は折り込み(織り込み)、或いは、凹みによる湾曲を利用することが多いですが、
(専門用語で申し訳ないです)
完成度を求める場合はそのうえで糊付けをしてしまいます。
今回のカブトガニも見栄えをこだわらなければ糊付けなしで可能でしたが、保存の事を考慮して円盤部前方の折り込み部分(裏側・内部)に糊付けをしてあります。

<川合工房様のブログ内のコメントを拝見して>
そういえば、小さい頃にプテラノドンを作って、頭を重くして飛ばしたことがあります(笑)。
その姿は綺麗に滑空するというよりは、
頭の重みに引っ張られて無理やり飛ばされているという……
そんな具合でしたcoldsweats01

 美しい作品ですね。みんな上手くなっちゃって、置いてかれないようにしないといけませんね。
 なるほど、美しい曲面を固定するために辺縁に曲線の谷折りを加えてましたか。曲線の山折りを背骨にするのはよく使ってましたが、ふちに使うのは考えたこともありませんでした。マニア日記の教材に後日使わせてくださいませ。
 
 

☆川合工房様

ありがとうございます。
皆様それぞれに独自の方向性で上手になれるところも切り折り紙の真骨頂ですね。
マニア日記での使用の件につきましては今後も自由に使っていただきたいと思います。
むしろ、こちらこそ宜しくお願い致します。

※今現在、出来る限りカッコいいマンモスティラコサウルスタッグビートルの捕獲のために調査員を夢想世界に派遣しておりますので、どうにか当日までには捕獲して持っていきたいと思います。
気に入っていただける個体が見つかると良いのですが……

紙とは思えない見事な曲線ですね。
縁取りの加工も美しい曲を描いていますし♪

夢想世界(笑)、いい個体を捕獲できますようにお祈り申し上げます!

☆とみたや様

夢想と現実は表裏一体……
夢想世界の話題にお付き合いしていただきましてありがとうございます!
捕獲は難航しておりますが、近々奥の手を使う予定です(笑)。

シンプルな形も複雑な形もそれぞれに追究する難しさ、面白さが御座いますね。
カブトガニはそういう意味でも最適な教材だと感じます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« デザインフェスタに向けて(其の壱) | Main | 作品以上に手間のかかる雑用 »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ