« 紙感覚 | Main | ところでティラミスって…… »

February 28, 2010

可愛らしい感性

100227

chick可愛らしい感性は人のこころを和ませるpenguin

私の最も苦手とする作風はこのようなタイプで御座いますので

せめてサイズだけでも小型化することで可愛らしさを表現できればと

実にこざかしい作品ばかり用意する傾向が最近は更にエスカレートしてきましたが

展示会場へ軽装で移動できるという意味では相変わらず最高の作風なので御座いますhappy01

なんてことを内面にとどめておけばいいものの
こうやって書いてしまうところや

毒々しさを持っていながら
その毒を隠そうとしてしまうところが最近の私の悪いところですね

だから夢想や蝶風が長いこと冬眠から覚めないのです……

(あぁ~、こんなことを言っているからますます可愛い感性から遠のいていく~~)

でも、大丈夫。

自分でできなければ頼んでしまえばいいということで
可愛い系はいつもポストカードの写真をお願いしているhaco様に完全におまかせ状態ですsmile

他に知り合いの作家さんではタニチャン様や岡本様が可愛い感性をお持ちですので私も真剣に学ばねば……
でも、私の最大の武器である神経質な感性と可愛い感性は共存が難しそうですねsearch


shine<3月の出展予定>shine

Tiramisu (ティラミス)-Spring2010-

イタリア語で「私をひっぱりあげて」を意味する同名のスイーツから名付けられたグループ展。
アーティスト20名による多種多様な作品をご紹介します。
(DMより引用させていただきました)

2010年3月9日(火)~14日(日)
11:00~20:00(最終日は17:00まで)

会場へのマップはこちら

尚、私の滞在日は13・14(土日)と
まだ未定ですが、
可能ならば12日(金)も午後2時頃から予定しております。

出展内容は
蝶風切紙10点ほど(展示のみ・非売品)

切り折り紙作品(展示・販売)
…目玉作品は季節外れの「小型サンタクロース君」で御座います(*^-^)♪
…今回は滅多に販売用にしないカブトガニ本気型も2点用意してあります。

コラボポストカード(展示・販売)…flair新作もありますよflair

蝶風栞(未定)…う~ん、どうしようthink

蝶風ストラップ(展示・販売)…hairsalon今回初hairsalon

を予定しております。

« 紙感覚 | Main | ところでティラミスって…… »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

可愛い系は、孫との切り紙大会で痛感しました。
クワガタどうし喧嘩させて延々1時間ひとり遊びですよ!怒り系も必要です。
実は「笑うトンボ」「恋するトンボ」などはどのように表現したらいいかと思っています。かわいい!系(欲しがられる系)は、どのようにデフォルメするかとか、ディスプレイの方法でクリアーできるかも。
まだまだお師匠さんたちの足元にも及びませんので、いかに本物のように切るか、着地させるかで精一杯です。精一杯なのに標本箱を自作してみたりするからいい気なものです。

可愛さの追求となりますと、大きなポイントは色かもしれないと思います。同じものを作るときに実物と似た色で作る場合と、実物ではあり得ない色で作ると見た目の印象が大きく変わるような気がします。
あり得ない色で作る効用として、たとえば黄色いサソリを作って「風水的に玄関先に黄色い生き物を飾っておくと金運が上がりますよ。」と少し囁けば、女性の食いつきも良くなるかもしれないと思います。

☆middle60様

やはり可愛い系は自由奔放な作風がひとつの近道かもしれませんね♪
クワガタ同士を喧嘩させて……
そういえば、実物のクワガタムシで遊んでいる大人の皆さまも数多く存在しますね・笑。

>実は「笑うトンボ」「恋するトンボ」などはどのように表現したらいいかと思っています。

このような感覚はまさにmiddle60様ならではのものだと思います。
私自身はこのような感覚が欠如していて残念ですが、最近は知り合いのhaco様に撮影していただくようになって、ようやく「紙の虫たちにも表情」があるんだ~と教えていただいたような気がいたします。

>まだまだお師匠さんたちの足元にも及びませんので、いかに本物のように切るか、着地させるかで精一杯です。精一杯なのに標本箱を自作してみたりするからいい気なものです。

いずれ展示の機会などがあった時にあわてて展示方法を模索するのは難しいことだと思いますので、今の内に標本箱を、しかも自作なさるということは凄いことだと感じます。
私なんかは、作品自体を仕上げる力はあっても、周辺準備の能力が著しく欠如していて今頃になって慌てておりますのでcoldsweats01

☆いこまる様

おっしゃる通り、色は大きなポイントになりますね。
そういえば、以前のフェスタでザリガニ(ミニ作品)のカラーバリエーションを並べて実験したことがあるのですが、好評だったのが実物の色である「赤」と「ピンク」と「黒」、そして、不評だったのが「青」と「緑」と「オレンジ」で御座いました。
「黄色」は普通といったところでしょうか。

もちろん、この時の結果であって、場所が変われば別の反応が生じた可能性もありますし、ミニ作品ではなくリアル作品の場合はどうであるのかという点につきましては未知数なのですが……

ちなみにゴキブリの場合は、
名前を「ゴッキーちゃん」にすることで愛嬌が出るかなと期待しておりましたが見事に大外れで、
「ピンクの翅のゴキブリ」や「幸運を呼ぶ金の翅のゴキブリ」は結構受けていましたね♪

私個人的には、それではゴキブリらしさが失われちゃうよ~と嘆いておりますが・笑。

再度書き込みですみません。恋するトンボで言えば、トンボの目玉の中心をごくごく小さなハート型で切り抜き、しっかり見ると「おや?」というアイデアなのです。

☆middle60様

再度書き込み大歓迎で御座います♪
(有難う御座います)

なるほど!
あからさまな表現ではなくて、さりげなくというところが健気でより可愛らしく感じますね。

こんばんは。

かわいらしい感性ですか~。
これはけっこう重要な要素ですよね~。
女性に人気がないものは売り上げが伸びない。。。。
とは商売の世界では常識になっておりますしね~。

我流さまの仰るように、middle60さま の感性はまさにそういう方面に広がっているように私も思います(^^)

「可愛いらしい」か~。。。。私もそういう感性を磨く必要あり!

☆とみたや様

可愛らしい感性はセンスの問題も御座いますので努力だけではどうしようもない点があるというのは否めないですね~♪
そういう意味でもmiddle60様のセンスに惹かれてしまいます。

ちなみにこざかしい私(笑)は超小型作品にすることで無理やり可愛らしさを演出しようとしておりますが、それで気付いたことは、やはり可愛さにはシンプルさが重要かもしれないということです。

とはいっても、どうしても細部にこだわりたくなってしまいますよね~♪
おそらく、とみたや様もそういうところが強いと思います。

>「可愛いらしい」か~。。。。私もそういう感性を磨く必要あり!

ただでさえカッコいいセンスと巧みなセンスをお持ちのとみたや様が更に可愛らしいセンスまでも習得なさったらもはや鬼に金棒ですね!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 紙感覚 | Main | ところでティラミスって…… »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ