« 蜘蛛だらけ | Main | 蝶風乱舞 »

March 24, 2010

最後から一歩手前の真剣さで真剣に

100324a

「最後から一歩手前の真剣さで真剣に」
(カール・バルトさん 神学者の言葉)

この言葉は私の座右の銘というほどのものでは御座いませんが、
作品を仕上げる際にうっすらと心掛けている気迫のひとつで御座います。

いわば

最後から一歩手前の真剣さで真剣に受け止める(心掛ける)……なんちゃってsmile

特に蝶乱系蝶風切紙には必須の精神で御座いましたが、
どうも最近は最後から30歩前くらいの真剣さで困ってしまいますだわさcoldsweats02

余談はさておいて、

5月に従来とは少し趣の異なる展示の機会をいただきましたので、
蝶風切紙と切り折り紙作品(本気の中の本気型・序)をそれぞれ1点用意している段階で御座います。

まず蝶風は仕上がれば仕上げるものの、
仕上がらなければ再び過去の蝶風様の御力を拝借いたします。

そして、切り折り紙作品は
本気の中の本気型・序
つまり、
最後から3歩?手前の真剣さで真剣な作品を用意したい次第で御座います。

題材はサソリ、或いはザリガニ、もしくはカブトガニのいずれかの予定、いえ決定で御座います。
一応全て仕上げてみて、その中から最も気迫のこもったものを展示する予定ですが、
どうもザリガニ脳になってくれないみたいですので、このままですとサソリかカブトガニになりそうな気がいたします。

周囲の意見を聞くとサソリかな……
でも、個人的な感覚ではカブトガニ。

そして、ミラクルが起こればザリガニと、そんなところでしょうか。

ちなみに、

当初(7年ほど前かな)はロラン・バルトさんに興味を持っていたところ、その本人様ではなくてこちらのバルトさんに辿りついてしまったことも付け加えておきます。
どうでもいいことですが。

« 蜘蛛だらけ | Main | 蝶風乱舞 »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

頑張ってますね
私も5月のデザインフェスタの前に友人の結婚式用に作品を作らなければならなくて悩みまくっています・・・
お互いに無事にデザインフェスタにたどりつけるようにしましょうね
ちなみに、私の意見としてはカブトガニかなと思います
だって、いないですよカブトガニ作る人は・・・
それに写真のカブトガニは動き出しそうです(笑)

おぉ~~!と思わず声を出しちゃうくらい素晴しい眺めですね!
本物だと言われたら間違いなく信じてしまうでしょうね~。
ただただ、すごい・・・・・・・!

バルト氏ですか。正直まった知らないという無知さを告白します。昨夜森有正(哲学者?)の話をテレビでやっていて頭に残っている言葉・・・。善と悪。人はどういう現象を経験してこれが善であるという感覚を得たのか、悪であるという感覚を得たのか言葉とそれが意味する物を追求していたのではないか・・・・。横道にそれましたがこの写真の見事な関節!まさに神業です。 「もう一歩とりあえず進む」・・・この「とりあえず」が最近の境地です。

☆なべさん様

ありがとうございます(*^-^)
私も現時点ではカブトガニが最有力に感じております。
とても万人向けの作品とはいえませんが、マニアの方々にはかなり感動していただいておりますのでhappy01

それから、結婚式用の作品というのは例の話のものですね!
確かに喜んでいただくためにはと悩めば悩むほどより理想が高くなってしまうことで難しい部分もあるかとは思いますが、そのぶん素晴らしい作品が仕上がると思います。
リアル型もよし、シンプルなものもよし、折衷型もよし、何パターンか仕上げることでみえてくるものがあるかもしれませんね♪

デザインフェスタはどうにかなりますよ(笑)!
なべさん様の場合は実演という手法もありだと思いますから!!
(小心者の私には難しいですがcoldsweats01

☆とみたや様

ありがとうございます~o(*^▽^*)o
仕上げた直後に改善点が4か所見つかりましたので、少し反省モードに突入しておりましたが、コメントをいただいて気分が楽になりました。
ですが、改善点がみえるということはまだまだ進歩の余地があるということですから前向きに楽しみながらも少し苦しんで更なる境地に向けて精進致しますsmile

☆middle60様

私は森有正さんを初めて知りましたが、これを機に興味を持つことができました。
ありがとうございます。
善と悪ですか…真剣に考えると他のことが手に付かなくなりそうですね・笑。

「もう一歩とりあえず進む」

私もこのような感覚は大切な境地のひとつに感じます。
その一歩で全てが台無しになるかもしれないとわかりながらもあえて挑戦する……
もちろん、無謀はいただけませんが、ある種の自信があるからこそできる境地のような気もいたしますね。

カッコイイですね。生きていて、もぞもぞ脚を動かしそうに思います。
関節の感じ、腹の折りたたみ方など気になる点が満載ですね。
夜にこいつが這ってきて、顔にくっついて取れなくなったら怖いですね。

☆いこまる様

ありがとうございます♪
まだまだ模索中ですが、動画や写真、生体調査レポートなどのおかげ様でもうしばらく発展させることが出来そうで御座います。

>夜にこいつが這ってきて、顔にくっついて取れなくなったら怖いですね。

想像してしまいました・笑。
しかも、カブトガニの口はあの密集した脚部中央に御座いますので、本当にゾッとしますねcoldsweats02

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 蜘蛛だらけ | Main | 蝶風乱舞 »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ