« オオグソクムシとヤゴ+α | Main | モロトゲアカエビ(縞蝦) »

June 29, 2010

切れ端小物作戦度々……

100629

先日のカブトガニ君ダイオウグソクムシ君を仕上げた際に出てしまった切れ端を使って、しばし小物作戦を実行しながら腕の回復を待ち、満を持して……と思っていたら時既に遅しとならぬようにしたいですねcoldsweats01

さて、本日注目生物は「クモヒトデ」君♪

作りはいたってシンプルなのですが、
無駄に腕のギザギザの切れ込みに力を費やしているというなんとも理解され難し一品で御座います。

ダンゴムシ風の2個体は説明不要と思いますので省略するとして

青と黄色のナメクジ風の個体が「アオウミウシ」さん。
こちらも切り貼りで仕上げているために、手間はかかっていながらも見た目の都合でまたまた理解されにくい逸品となっております。

そして、
今回最大の大袈裟品が赤に黒点模様の「ヘイケボタル」の幼虫君で御座います。

先日、成虫を実寸大で仕上げておいての今回の巨大化はまさにお遊び以外の何物でもないのですが、とりあえず仕上げてみました。
こちらも完成度の割には切り貼りに手間がかかっているという実に厄介な御方で御座いました。

最後に

無難に仕上げた枝状生物の「オオワレカラ」さん♪

さすがに無欲に仕上げただけあって、
落ち着いた出来になっておりますが、
個人的には生物によってはこのくらい気軽に仕上げた方が味わいがあるのかも……

そう思えないこともないことないことない気もいたしました。
(結局どちらなのだ!)

以上、本日の好い加減はこれにておしまいと致します。

しばらく小物が続いたのちに

リーフィー君にでも着手したい次第で御座いますthink

« オオグソクムシとヤゴ+α | Main | モロトゲアカエビ(縞蝦) »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
皆さまの作品ラッシュに焦りしか覚えない今日この頃です(^^;)

それはそうと、
リストありがとうございます。
改めて、ものすごい作品群ですね~。
これは是非見に行かねば!(笑)

先日のヤゴ、ものすごい作りこみに感動いたしました。
いや~、スゴイですね。
特に顎がエイリアンみたいでステキです♪
カブトガニ君はさらにバージョンアップしているご様子♪

では、あとわずかな日々、頑張って切って参ります(^^)

☆とみたや様

こんばんは(*^-^)♪
特にシザーハンズ様となべさん様のラッシュが凄まじいですね!
私も日中の作業柄、腕(指)をかなり酷使しておりましてcoldsweats02、その疲労具合から少々焦っておりますが、我々甲殻類探検隊は三位一体が強みで御座いますから、気軽に参りましょう♪

>これは是非見に行かねば!(笑)
→私も是非、再びとみたや様とお会いせねば!(笑)

それから、ヤゴさんに関しましては少し大袈裟な顎にしてしまいましたが、これはこれで面白い気もいたしましたsmile

>先日のヤゴ、ものすごい作りこみに感動いたしました。
いや~、照れてしまいますが、とみたや様のオニヤンマ君の完成度から考えればまだまだ未熟な作品だと感じます。

気付けば、後2週間ほどですね。
なるようになりますので楽しみながら苦しみましょう(o^-^o)
そして会場で是非ともお会いしたいと思います!

いやはや感動するばかりです。あおうみうしは人気が出そうですねえ。体調が復調したかと思ったらまた胃のほうが・・・。喉元すぎればなんとやら・・・で、人間は弱いものです。
さて、私の愚作集でさえ、展示品が乏しい所にとってはめずらしいそうで、展示を所望されました。およそ一月の長丁場。展示しておくだけになります。次の展示がないから、長いのだと思います。まったくのボランティアですが、経験になりそうです。展示の仕方を今までにないようなことを色々試して見ます。「ムカデです。見たい人だけそっとふたを開けてください!」。壁に吊るしてある<しもじま>の箱の周りを見えないように覆いをし、取っ手を引くと中のムカデが見えるようにつくりました。きらいな人は大きらいですからムカデの姿が見えるだけで逃げられないように(笑)ほかのかわいい系の虫さんを見て欲しいので・・・。
長くなりました。あと少しですねえ。皆様頑張ってください。

クモヒトデ作ろうと思ったら先を越されました。私の場合、腕のギザギザはすっ飛ばしてお菓子のパッケージづくり風に楽しみました。
 それにしても夏はレースシーズンと重なるので自分のトレーニングに国体の選手選考・手配にと大変忙しいです。なんとか最低限でまとめねば、、、。

☆middle60様

ありがとうございます。
個人的にはワレカラさんが好みなのですが、どうも私の趣味は多くの方には理解されないようで御座いますのでcoldsweats01、無難?なアオウミウシ君を用意してみました。

それから、新たなる展示が決まったようで、おめでとうございます!
1カ月という期間は長いようでいて、実は一番快適な期間かもしれないですね。
また、期間中に試行錯誤しながら模様替えが出来れば、自身だけでなく、見てくださる方々も楽しそうで御座います。

PS
ムカデさんは気持ち悪いと敬遠されることがある半面、私のような一部のマニアには結構受けますよ(笑)!

☆川合工房様

先を越されただなんて、とんでも御座いませんcoldsweats01
作風から川合工房様がきっと素晴らしいヒトデ君達を仕上げてくださるであろうことを見越して、私はアクセント用の小物しか用意しておりませんので、主役のヒトデ君は是非とも先生におまかせさせていただきたい次第で御座います。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

それから、古代・空想生物エリアは基本的には川合先生と私の担当になっておりますが、先生がもしも手が回らない、或いは、当初の予定よりも作品が少なくなるという場合には気兼ねなくおっしゃっていただければと存じます。

その場合には私が用意いたしますので。
他には少し大型の作品も用意したい次第で御座います。
(30cmオーバーのアノマロカリスなど)

※私は三重の際の作品を非売品にすることでどうにか他の展示にも有効利用しておりますので、今回も古生物君達にその力を発揮していただく予定です。
尚、夢想は水族園様には不向きなようで御座いますので、今回は留守番していただきます(^-^;
こちらは結構な数がそろっているのですが………

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« オオグソクムシとヤゴ+α | Main | モロトゲアカエビ(縞蝦) »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ