« テナガエビ風 | Main | リーフィー君、ようやく登場♪ »

July 10, 2010

ダイオウサソリ

100710

アノマロカリスとタカアシガニは何も私が作らなくとも素晴らしい作品を用意していただいておりますので、ここはひとつ甲殻・節足系動物の中でも是非大型で用意すべしと勝手に考えたサソリ君大型を急造いたしましたsmile

本当は既に1体大型のサソリ君を用意していたのですが、
家中探しても見つからないのですcoldsweats02

あれぇ~、どこ行っちゃったのかなぁ~と少し冷静に考えてみたら、
あっ、そういえばまだとあるイベントに貸出中で9月頃まで帰って来ないんだっけ!
あぁ~、いまから制作するのはめんどいわぁ~gawk

ですが、いざ制作を始めると案外(案の定)どうにかなってしまうものですね。
まぁ、今回は少し高価な紙を使用しておりますので、そのことも集中力持続の一要因とはなっていたのですが(*^-^)

100710b

1ピース構造ながら、分断折り込みで仕上げましたので、
それなりの完成度となっております。
勿論、糊付けあり。
(正確には1ピース構造+α)

「大人の画用紙」こと「ミタント紙」使用。
さすがに大人の画用紙というだけあって、少し高価ですが、
今回くらいの完成度で仕上げれば紙様も赦してくださることでしょう。

少し厚めな紙のため、細かな折り込みに不向きなため、
私は中型以下作品制作時には避ける傾向のある紙で御座いますが、
このくらいのサイズを仕上げる場合には物凄い扱いやすさを発揮してくれます。

あぁ~、どうせならイセエビ君とベニズワイガニさんもこの紙で仕上げれば良かったかも♪
ただ、紙のサイズの都合と費用を考えれば今回はこれで良しと致しましょう。
加えて、紙を扱う能力という意味ではまだまだ御子様な私にとっては普通の画用紙の方が向いているのです。

100710c

裏側はどうでもいいとして、
サイズは腕を内転(折り曲げた状態)で約40cm。
腕を伸ばしたモードにすればおそらく50cmくらいになるのではないでしょうか。

尚、腕を必要以上に大きくしてしまったために、
尾が小さく見えてしまいますがこれはこれでいいのです。
ちなみに、私が参考にした資料のサソリ君も腕が大きめで尾が小さめで御座いましたよ!
(うわぁ~、なんてやつだ。資料に責任転嫁しているよpout

flair7月の展示予定flair

嬉しいことに今回は計6名のハサミ使いの達人の皆様との共演となります!

その名も!!

「“チョキって・折って”紙のアート」展

場所:葛西臨海公園内2階レクチャールーム

会期:平成22年7月23日(金)~30日(金)
開園時間:午前9時30分~午後5時
(休園日:毎週水曜日、例外あり)
会期中は終日展示しております。

24日(土)にはワークショップも御座いますよ♪
興味が御座いましたら是非御参加下さいね!
夏休みの工作にも向いているかも♪♪

出展協力

Scissorhands様
なべさん様
川合工房様※近日NHKの番組へ出演なさります♪
いこまる様
とみたや様
私(我流切紙人)

総勢6名という過去最大規模の展示になる予定で御座いますよ~smile
水族園の生物と紙作品の共演はそうそうお目にかかる機会はないと思いますので、是非とも遊びにいらしてくださいね♪

« テナガエビ風 | Main | リーフィー君、ようやく登場♪ »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« テナガエビ風 | Main | リーフィー君、ようやく登場♪ »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ