« 巨大三葉虫と愉快な仲間たち♪ | Main | 古代生物はさておき…… »

July 03, 2010

古代節足生物三昧♪

私にしては珍しく本日は連続更新となりま~すsmile

以下

画像と簡単な説明のみで仕上がり次第追加していく予定で御座います。
何せ本日は飲み物を買い出しにいって帰って来て以降は
室内にこもって古代生物を大量(→出来る限り)に仕上げる予定で御座いますのでsmile

100703a
(プロトファスマ:いわゆる大昔のゴッキーちゃん)

トップバッターは可愛い可愛いプロトファスマちゃんで御座います♪
当初予定の30cm級の巨大ゴッキーちゃんはさすがにマズいでしょうと自覚しましたものですからcoldsweats01
急遽予定を変更して無難?な古代ゴッキーちゃんに変更いたしました。

サイズは10cmほどで実寸もおそらくそのくらいであったのだろうと言われております。
本体部画用紙1ピース。
翅部トレーシングちょい厚使用。
着色はまたもコピックマーカー乱れ塗り。
学生時代に嫌々おこなっていた着色技術がこんなところで活きてくるところが面白いです。

100703b
(ネオアサフス:カタツムリ風眼三葉虫)

上記説明以外に言葉が浮かびません。
画用紙使用。
構造は1ピースですが、切れ端によるパッチーワークで仕上げました。
また、目の部分も別パーツ使用。
尚、あまり意味はないですが目の部分の紙は蛍光仕様なため夜間はおそらく光ることだと思われます……意味ないじゃん!

だから先に意味ないといっているではないかpout

100703c
(シドネユイア:魚尾付古代ダンゴムシ)

少し可愛い系に仕上がってしまったシドネユイア君。
その円らな瞳に多くの古生物ファンが熱狂…するわけがない…と思う。
画用紙仕様。
1ピース糊なし(目は別パーツ)。

おまけの2体は名前は忘れましたが三葉虫系で御座います。

<追加>

100703d
(ワプティア)

カブトエビ風の古代エビ?さんで体長は約7cmほどであったらしいです。
今作もほぼ同じくらいの大きさ。
やはり、トレーシングペーパーが真価を発揮するのはこういう透明系の生物で御座いますね!

100703e
(オルトケラス風)

オウム貝の先祖様であるオルトケラスを参考に仕上げましたが、
イマイチな完成度となってしまいました。
構造的には1ピースで可能に思いますが、
今作は切れ端の寄せ集めで仕上げてあります。
実寸同様、ほぼ15cmの仕上がりで御座います。

尚、模様は好い加減なのであまり気にしないようにお願い致しますsmile

100703f
(シダズーン)

意味不明……
ですが、この意味不明は私の勝手過ぎる感想に過ぎず、
この生物にとっては物凄く意味のある形なのでしょう。

そもそも意味なんてものはどうでもいいことが多いのではないかと思うと同時に、無理やり意味を作り出しては答えることの多い自分自身にシダズーン。
(本当の意味不明とはこういう文章みたいなものを指すのでしょう)

尚、今作は切り折り紙にこだわらず、とりあえず形を求めて仕上げました。
サイズは約10cm、実物もこのくらいであったのではないかと言われています。

100703g
(メガログラプテゥス:ウミサソリの一種)

本日のラストとなります。
1ピース糊あり。
目はアクセントとして別ピースですが。
ミタント紙使用。

以上で本日はラストになります。

はぁ~、これでようやくサッカーに集中出来ます(*^-^)

« 巨大三葉虫と愉快な仲間たち♪ | Main | 古代生物はさておき…… »

切り折り紙」カテゴリの記事

Comments

プロトファスマ最高です!!
トレーシングに着色しているんですか?
私もトレーシングを使いたいのですが、どうも買うのを忘れてしまい使わないでここまで来てしまいました(^_^;)
うまく使えば作品の幅が広がるんですけど

今頃はサッカーを見ながら作成中でしょうね・・・

シダズーン・・・・?
見たことも聞いたこともございませんが、一見ケーキか何かと思ってしまいました(笑)

古代生物連続放出ですね♪

付記:
オニヤンマ君の翅ですが、ブログに改善策を載せましたので、こんな感じでいかがでしょうかね~?

☆なべさん様

ありがとうございますhappy01
プロトファスマ君は本体が少し手抜きながら、
翅が会心の出来で御座いましたおかげでカッコ良く仕上がりました!

おっしゃる通りトレーシング仕様ですが、
この艶と折り目を出すには5段階くらいあるうちの2番目か3番目の硬さのものが良さそうで御座います。
(尚、今回使用しているものは銀座伊東屋さんで購入したものです)

今日のサッカーは個人的に魅了されているドイツの試合で御座いますので、作品よりも試合に集中してしまっております(*^-^)

よって、今作成中のウミサソリの一種が本日のラストとなりそうで御座います!
(辛うじて間に合いそうです)

☆とみたや様

シダズーンさんに関しましては、作っておきながら私もあまりわかっておりません。
ただ、見た目が面白くて作ってしまいました(*^-^)

おぉ~、トンボ君素晴らしいです!
私個人的にはその翅支え方法でいいと感じますが、
あとは当日会場にて展示してみないとわからない部分も御座いますね。当日に問題なければ、このような形で展示させていただく予定です。
(個人的には翅が垂れていても問題ないと感じますよ!)

それから、水辺系をたくさんありがとうございます!
おかげ様で私は水辺・ザリガニ系を回避して、残る重要な生物に専念させていただきたいと思います。

最後の試作品は噂のラ○コちゃんで御座いますね。
楽しみにしております♪

予告のあった巨大ゴキちゃんはいい出来ですね。ただお客さんに古生物と認識されない恐れがあると思います。
意表をつく生物のセレクトに少しにんまりとしてしまいます。古生物関係の本をながめると面白い形の生物がいっぱいいて楽しいですね。切り折り紙で立体化してみると、より不思議さが増すような気がします。

☆いこまる様

ゴッキーちゃんが古代からの偉大なる先輩であることを知るという意味でも是が非でも展示させていただきたいですね♪
受験勉強だけでまかなえない貴重な教育の機会で御座いますからsmile

それから、確かに古代生物はヘンテコちゃんばかりで、ヘンテコ脳の私にとっては有り難い方々ばかりで御座います。
その中でも、甲殻類系に特化して仕上げているのは、やはり、現存の甲殻類との接点という意味での進化の流れ・形の推移・類似、その辺りを多くの方々に興味を持っていただければ嬉しいなと思ってのことで御座います。

……というのは世間向きの受け答えであって、ただ単に自分が好きだからというのが本音なのですが(笑)。

PS
リストを有難う御座いました。
私も古代はひとまず一段落させて、残る必須系であるリーフィー君とヤドカリンさん量産などに専念したい次第で御座います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 巨大三葉虫と愉快な仲間たち♪ | Main | 古代生物はさておき…… »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ