« Metro Art : The Shop Vol.2用作品 | Main | 次は「空色どうぶつえん♪」で御座います(画像追加) »

September 17, 2010

Metro Art : The Shop Vol.2終了♪

Photo
(このような感じで設置しておりました~♪)

水曜日より本日までの3日間展示販売させていただいておりました
Metro Art : The Shop Vol.2が終了致しました。

会場まで足を運んでくださった皆様
作品を購入してくださった皆様
お話させていただいた皆様
現地スタッフの皆様

どうも有り難う御座いましたhappy01

感想と致しましては、
やはり作家同士で交流出来る場・機会というのは本当に有り難いことだと毎回感じますね♪

また、会場の場所や雰囲気、グッズ(作品)の梱包の仕方
照明具合、会場と作風との相性、などなど……
色々なところで展示・販売させていただくことで勉強させていただくことも多々御座います。

で、作品の状況はといいますと……

終了2時間前までの段階ではcoldsweats01
終了直前で一気にsmile

そんな具合で御座いました(*^-^)♪

かなり不調の予感が漂っていた切り折り紙作品も
最終的には「ベニシオマネキ」「サソリ(丸型ケース)」以外は無事巣立っていきましたので飼育員といたしましても一安心といったところで御座います。

蝶風ストラップはいつもの様子。

蝶風栞は以後封印に向けて調整していこうかな~とそんなところでしょうか?
ただ、蝶風栞は波が激しいのでもうしばらく様子を見ていきたい気もいたします。

などなど……

色々と勉強になることは多々ありますが、
やはり現地入りが一番、
そして、知り合えた方々との再会や直接お話できるというのが最高のひとときで御座いますね!

以上、

本日は午前中は頭痛でめまい気味だった私も
会場で皆様とお会いできている間だけは束の間の復活状態で御座いました。
今回の出会いに感謝致しますとともに、
再びお会いできる日を楽しみにしております。

最後に最近作り溜めていた次回およびデザフェス用の一部作品に登場していただいて終わりと致します。

100917

画像では伝わらない折りが多数御座いますので、
今回購入してくださった皆様にも
そして、何かしらのイベントでお会いできるであろう皆様にも

実物を目にする機会が御座いましたら
是非とも目を近づけて細部まで見ていただけたら作り手としても嬉しい次第で御座います( ̄ー ̄)

« Metro Art : The Shop Vol.2用作品 | Main | 次は「空色どうぶつえん♪」で御座います(画像追加) »

切り折り紙」カテゴリの記事

蝶風切紙」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様でしたm(__)m
あの後一気に動いたのですね
良かった良かった!!
私も他の作家さん達の作品や展示方を見て色々と勉強になりました
そして、いつものことですが我流切紙人さんの作品の精密さに驚愕でございます
次回はお互い良い体調で会えますように(笑)

ヽ(´▽`)/   売れてニコニコとは何よりです。これまでの努力と経験と露出が認められてきたということですね。私も見習わねば。

☆なべさん様

先程はありがとうございましたhappy01
その後、作家さんが撤収にいらっしゃると同時に会話が弾み、一気にミニミニ君達が巣立って行きました(*^-^)

どうも作品が小さいことで、手にとって見ないとわからない部分が今回のような照明の暗めの会場では裏目に出てしまったようで御座いますね♪
(要説明のようで御座いました)

そうですね!
次回はお互いに万全の状態で飼育員としてお会いできますように♪♪

☆川合工房様

ありがとうございます(*^-^)

デザインフェスタのように会場にずっといられる状況と
会場におらずに作品だけの状況では
やはり、かなりの違いが出てしまいますね。

お陰様で色々な場所で実験をさせていただいていることで勉強させていただいていることが多々御座います。

デザインフェスタもそうですが、作品の力だけでは限界がありますので、作品説明など地道な広報活動が大切ということを改めて実感しております。

たくさん買っていただけたようで良かったです。
ケースですが、ガチャポンのゴミ捨て場からあの丸いケースを拾ってきて眺めています。

☆middle60様

ありがとうございます(*^-^)。
どうやら作品の小ささが影響してか多くの方にはプラスティック作品のように見えてしまうようで御座いまして(笑)……

私が現地で「紙ですよ~」と説明させていただいた瞬間に買っていただけることが多いです。
(「紙の作品です」という張り紙はしているのですがcoldsweats01

それから、確かにガチャポンのケースは何かに使えそうで御座いますね♪
そういえば、たけとり様のダンゴムシ君はガチャポンケースに入っていたような記憶が御座います。

金魚などの浮遊系生物(水槽系)を細い糸で吊るす方法もガチャケースならではの展示方法になるかもしれませんね♪ 
水草も加えたら面白そうです。

ガチャポンは単なる保護ケースなので
穴があいていたり、半分は色つきだったりします。
何をどのように入れるケースとするか考えねばと思います。
ただ・・・タダなので魅力があります。
設置者に断れば両者とも得になるわけですから、いただけると思います。

☆middle60様

そうで御座いましたcoldsweats01
おっしゃる通り、半分は色つきでしたね♪

確かに、タダで且つ再利用という部分が魅力的ですね!
あとは球形のため、場合によっては固定方法も考える必要もありそうです。

そのまま使う方法と致しましては
例えば、シークレットボックスを用意して、
手が入るくらいの穴をあけて
(中が見えないような細工をして)

そこに手を入れて何が出るかな~という♪
疑似ガチャポン感覚を楽しんでいただくというのもひとつの方法かもしれませんねsmile

とりあえず10個ほどは確保してあります。良い方法が見つかれば、管理者さんと相談して、たくさんもらってきます。
「むかで入り!お土産」「ミニ・・・」にはよいかも。
一度、「ミニカマキリ」を入れて、お子さんに差し上げたことはあります。
いま、「お地蔵様」のさらなる完成を目指して、日々チョッキンしています。

☆middle60様

そういえば、私もたけとり様にカプセル入りのダンゴムシ君をいただいて、そのカプセルとダンゴムシ君の相性の良さに感激したことを思い出しました♪

私も色々なケースを手元においては眺めておりますが、
すぐには面白い方法が浮かばなくても、いずれはきっと……
そんな期待をしながら常に有効な活用方法を模索しております。

もしかしたら、お地蔵様の模索が
新たなる発見の伏線につながっているのかもしれませんね♪

カプセル入りのお地蔵さん……
一見無礼な気もいたしますが、なんとなく可愛いかもしれません(笑)。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Metro Art : The Shop Vol.2用作品 | Main | 次は「空色どうぶつえん♪」で御座います(画像追加) »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ