« January 2011 | Main | March 2011 »

February 27, 2011

多用途ワレカラ君♪

110227
(本来は実寸サイズとして使用予定だったワレカラ集団達♪)

昨日の駅内展示がどうにか終わって
少しホッと致しましたが

次は3月中旬納期の企画展に向けて
継続制作して参ります。

で、本日は……

厄介な個体を優先したいということで
また日曜日ということもあり
あの巻貝君の大型に挑む予定で御座いましたが

アホンダワラさんと
モクズショイさんと
立て続けに阿呆力を使い続けてしまい消耗気味なため

明日以降に備えて
本日は省エネモードにて
回復に努めておりました。

今現在、制作中なのは

オオワレカラさん♀で御座います。

なぜ雌にしたのか?

それは多用途ワレカラ君の面白い使い道が閃いたからで御座いますが

まぁ、完成後のお楽しみということで

本日は以上にて失礼いたします。

(えっ、何々~♂も作れってぇ~♪)

さぁどういたしやしょうかね( ̄ー ̄)

<展示情報>

flair葛西臨海公園駅内展示flair

flair藻場・海のゆりかご…海藻たちのワンダーランドflair

この度の駅展示変更はこの企画展への伏線で御座いました♪

こちらも駅展同様

しざーはんず様
なべさん様
との合同展示となります。

【会場】 
葛西臨海水族園
本館2階レクチャールーム

【会期】
2011年3月17日(木)~5月10日(火)
会期期間中、終日展示しております。
ご自由にごらんいただけます♪

今現在はこの展示に向けて制作中で御座います。

February 26, 2011

展示告知とアホ万歳♪

110226
(詳細は是非とも現地にてお楽しみくださいね)

本日、今までも展示させていただいておりました
葛西臨海公園駅の展示の模様替えをして参りました♪

合同制作・展示作業をしてくださった皆様

今朝早朝より寒い中をどうも有り難う御座いましたhappy01

この駅内展示は長期に渡って展示予定で御座いますので
(最低でも半年は展示していただけるのでは?)
葛西臨海水族園(葛西臨海公園)にお越しの際には是非ご覧いただければと存じます。

※葛西臨海公園駅の改札付近に御座います。
(改札を出なくても見れますので近隣の駅にお越しの際には是非♪)

そして

ようやく完成しそうなアホ♪で御座います。
尚、制作している生物がアホなのではなくて、
作っている私がアホということで御座いますcoldsweats01

110225br
(裏に着手しなければ、これで約90%完成といったところです)

さあて、このお方は誰でしょう?

正解は

110225ar
(あとは微調整及び余力次第ではボリュームアップを狙います)

「モクズショイ」

というカニさんで御座いますsmile
これだと、どう見ても

「カミクズショイ」で御座いますが……coldsweats01

そして、少しぬいぐるみっぽさが御座いますね♪

先日のアホンダワラに続いて

制作時間は膨大ながら決して力作とはいえない
(大きいという意味では大作ですが・笑)
なんともアハレな作品で御座います。

ですがアホモードを解き放っている時の私は活き活きしているという噂も御座いますので、これはこれで万歳な作業といえると思いますね♪
……ということは天然のアホ?

いやぁ~見た目はどう見ても真面目なのですがcoldsweats02

(うそだぁ~♪)

余談はさておきまして

flair藻場・海のゆりかご…海藻たちのワンダーランドflair

この度の駅展示変更はこの企画展への伏線で御座いました♪

こちらも駅展同様

しざーはんず様
なべさん様
との合同展示となります。

【会場】 
葛西臨海水族園
本館2階レクチャールーム

【会期】
2011年3月17日(木)~5月10日(火)
会期期間中、終日展示しております。
ご自由にごらんいただけます♪

February 24, 2011

アホ再び……

110224
(現在制作中のアホ♪)

本体よりも屑の制作に

ちぎったり~
切り抜いたり~
切れ端使ったり~

大半の時間をかけ
更に
それら全てを一枚一枚
丁寧に
あっ、いえ
テキトーに張り付ける作業だけで時間がどんどん過ぎていくという……

なんともアホな行為なのでしょうcoldsweats01

ついでに裏もいきますか~♪

バカ言うんじゃないよcoldsweats02
(アホ言うんじゃないと言ってしまうと後悔することになりそうなので・笑)

そんなことしたら
屑だけで1000個いっちゃうよ~crying

以上

本日も阿呆力を使い過ぎてしまったために
記事を書いている余力が御座いませんので
申し訳御座いませんがこれにて失礼いたします♪

February 21, 2011

海藻脳之宴③(葛西臨海公園駅編)

110219d

<参考海藻>
フトジュズモ(左上…虫ピン固定)
アナアオサ(右上…アクリル棒)
多用途海藻(左下…植え込み)
※カヤモノリ風…バランス調整用
コアマモ(右下…植え込み)
※アマモ系として全体のバランスを調整

110219e

<参考海藻>
ウミゾウメン(左上…虫ピン固定)
アオノリ類・ヒトエグサ類(右上…未定・状況次第)
※潮上帯(設置上部)はこういうのがほとんどですcoldsweats01
アマノリ類(左下…未定・状況次第)
※潮上帯用。上部は本当に少ないので、
もう少し下のフシツナギをフクロツナギに代用して上に持ってくるかも。
ボウアオノリ・カヤモノリ(右下…単体では厳しいので飾りにする?)

110219c

<参考海藻>
ゴヘイコンブ(左上…アクリル棒)
ハバノリ(右上…釘か虫ピン刺し)
※今回唯一の展示加工破損作ですが展示には支障なし。
シオグサ系(左下…植え込み)
ヒラフサノリ(右下…変則型植え込み)

そして最後にアホ作で御座いますcoldsweats01

110221
(ホンダワラ系の集い…のはずが)

今作は現場にて自由に作って良いという状況
加えて
自立しなくて良ければいくらでも作り方がありますが

持ちこみ(バス+徒歩)
設置時間短縮のための単体での自立
全方向から見えるため放射状展開(横からも見えますので)

などの制約の中で出来る限りの方法で仕上げたつもりです。

大きさは確かに私作最大ですが
力作といわれるとどうかなぁ~
まぁ、時間は無駄にかかりましたがsmile

そのため、細さの表現が不足した感が否めないのは
個人的なこだわりからすると大幅マイナスポイントですが

まぁ多少?のアレンジは許可いただいておりましたので
(都合のよい解釈・笑)
最後は好きなように
羽目を外さない程度に?
仕上げさせていただきました。

最後に隙間を埋める微調整が残っておりますが
本日中にひとまず区切りをつけますので
一区切りで御座います。

いつ帰還するかはわかりませんが
帰還後は

ホウオウモクとして再調整したい次第で御座います( ̄ー ̄)

February 20, 2011

海藻脳之宴②(葛西臨海公園駅編)

110219b

<参考海藻>
カギイバラノリ(赤)
ワカメ(黒…多少アレンジ…ワカメブレ~ド♪)
カサノリ(緑)
イソダンツウ(残り…なんとなく)

110219a

<参考海藻>
カニノテ(紫…サンゴモ一族代表アレンジ)
ニクムカデ(黄)
ミル(緑)
ツノマタ系2種(赤)

まだまだ海藻さんは御座いますが、
全てを撮影出来たわけでは御座いませんので、
明日まとめて紹介してラストにしたい次第で御座います。

ま、本日ほぼ全てを宅急便で送ってしまいましたので
撮影したくても出来ないのですがcoldsweats01

そして、
今現在制作中のアレで御座います。

110220a

昨日の時点で30%と書きましたが、
もうパーセント表記はやめます。

それといいますのも
現在、昨日より40本ほどの腕(枝)を追加致しましたが、
(全部蛇腹で強度補強の縦折りも加えていますので、まさにアホですcoldsweats01
手を加えれば加えるほどにゴールが見えなくなってしまいそうだからで御座います。
よって、パーセントでは表せない状態です。

これではどうしようも御座いませんので
タイムリミットを火曜日までにして
そこまでに出来る限りの手を加えて
ひとまずは区切りをつけるように致します。

今作は大きさと手間は半端ないですが、
技術的には大したことがありません。
なのになぜにここまでアホなまでに執着してしまうのか……

加えて

カッコ良いものでもなく
可愛くもなく
誰にも評価されない(されにくいもの)

それなのになぜか……

こんなことを考えている暇は御座いませんので、
続きの作業に入りたい次第で御座いますsmile

February 19, 2011

海藻脳之宴①(葛西臨海公園駅編)

110215m
(参考:ユカリ)

折りはまったくないですので
完全に切紙ですねsmile

ひっかかる能力は今回制作リスト中で最強です♪

110215k
(参考:オゴノリ)

これも折りはなし。
実物風にすると展示出来ませんので
束ねてしまっております。
よって、手間だけは無駄にかかっておりますcoldsweats01

110215b2
(参考:クロミル)

シンプルの良さが発揮できた作品なのでは?
サイズは35センチメートル超(高さ)となかなかです♪

110215c
(参考:イワヒゲ)

新ためて思いました♪
今回は接着剤の使い方の良い訓練になったと……

まともな使い方をしておりませんので(^-^;

最後に

110219
(120%中の30%♪)

現在制作中のアレで御座います。

当初予定していた作り方では既に完成のはずですが、
作り方を変更したために完全なボリューム不足となってしまいましたcoldsweats01

来週は体力的に制作が厳しくなることが予想されるため
土日で出来る限りのパーツを補充制作して
あとは糊づけのみの状態にして来週を迎えたい次第で御座います。

一番の問題は設営日に
バスで持参すること。

キャ~
恥ずかしいcoldsweats02

本当は現地にて制作出来れば理想的なのですけれどもね・笑♪
(あっ、今は寒いので危険ですが)

February 17, 2011

続・百足脳之宴

110216a
(参考:ステゴムカデ→クロキヅタ)

こちらは虫ピン止めの予定で御座います。
漸深帯域に生育ということでかなり下方に設置いたします。

いま思えば、これもかなり手間と技術を要していたような
そうでもないことないような

見た目の割に・笑。

110216b
(参考:フジノハヅタ)

こちらもそれなりかなぁ~
まぁ、ステゴムカデで慣れていたためかそれほど苦もなく仕上げることが出来ましたが……
今は無理。

こちらも虫ピン設置予定。
設置場所はそこそこ下方かな。

110216c
(参考:フシツナギ※フクロツナギでもいいかも♪)

これは手抜きの予定が思ったよりもまともに作ってしまった~

といいますのも、作っている途中で可愛くなっちゃったんですsmile
なんとなく♪

海藻を可愛いって感覚……素晴らしい。

これは中間でいいかな~

そして

今現在制作中の
今回展示用海藻最終作品

110217
(参考:ホンダワラ一族)

今現在、50本ほどでしょうか……
ですが、予定の大きさから考えますと
まだまだ足りません。

この状況下でこんなアホなことをしているというのは

一緒に展示作を仕上げてくださっている
しざーはんず様
なべさん様
に誠に申し訳ないですが

今回の展示には欠かせないと
勝手に思って制作中で御座いますので
お許しくださいませ<(_ _)>

サイズは私作史上最大の1メートル(もう少し小さくなるかもcoldsweats01)を予定しております。
(単に大きいだけで、葉の一本一本は雑で申し訳ないm(__)m)

また、支柱となる部分を当初は紙で考えておりましたが
展示期間(半年~)を考慮して
ある程度の強度を求めた結果
木材を使用することに致します。

さぁて、どうなることでしょうsmile

※明日以降は文章を極力減らして
イメージ伝達としての記事となりますが宜しくお願い致します。

February 16, 2011

真百足脳之宴

110215a2
(真ムカデノリ再登場♪)

昨日に続き本日も登場していただきました。
本当は昨日の写真よりもこの写真の方が雰囲気が良かったのですが、何せ恥ずかしい作業風景が映ってしまっておりますもので……
よって、背景をぼかしておりますcoldsweats01


110215i
(参考海藻:マツモ)

いま思えば、この時は腕が良く動いてくれておりましたね♪
これら百足系作品は駅用展示として仕上げたというよりは

当時の百足脳の延長線上で
まぁ、個人的に勝手に作っていたところもありましたので
まったく苦も無く、どちらかといえば楽しかった印象が強いです。

110215l
(参考海藻:ヒジキ)

こちらも上記2作と同様の時期に仕上げましたが、
いずれも、こうやって展示風にしたことはなかったので
このような形にしてみると新鮮な気がいたしました。

いやぁ~
自分で言うのもなんですが
いいですねぇ~こういう作風smile
(単なる悪趣味かもしれませんが・笑)

ですが、これらを制作していた少し前の頃は
腕の状態が極めて悪く
本当に腕を壊してしまうのではないかと
かなり不安な時期で御座いました。

しかし、ちょうどこの頃に

切り折り紙探検隊のマスコットガールであり、
ホルメインハンドセラピストのアッキー様
腕のメンテナンス?をしていただきましたお陰様で
大幅に回復し
これら作品を仕上げることが出来た次第で御座います。
(アッキー様、リンクしても宜しかったでしょうか?)

アッキー様♪
その度はどうも有難う御座いましたhappy01
今後も宜しくお願い致します。

ホルメインハンドセラピーはとりわけ腕を酷使している方々には是非とも一度体験していただきたい素晴らしいハンドマッサージ※の一種です。
(※説明が間違っておりましたらご指摘宜しくお願い致します)

もしも興味をお持ちの方が御座いましたら、
アッキー様のブログを是非ともご覧くださいませ♪

February 15, 2011

真ムカデノリ(序)

110215a
(真ムカデノリ・序)

これより展示に向けましての
最終調整(設置準備)に入りますので
しばし海藻写真?が続きますが御容赦くださいませsmile

まずは、
個人的に一番面白そうと感じております
ムカデノリさんの登場で御座います♪

これで30%といったところでしょうか?

今回は節度が必要なため
この具合で抑えますがいずれは…ウフフフフ( ̄ー ̄)♪

それに傾斜面に設置することが予想されますので、
多少の変更はありかなと思いますね。

或いは、他の作品に邪魔になりそうでしたら
更なる手加減を予定しております。

いずれ「百足王国誕生」の暁には
ゴッキー侍
ゲジ忍
などなど……

まさにミラクルな世界を描きたいと思っておりますが
当分は難しいかな~

ま、いずれは意地でも実行いたしますので
それまでに阿呆力を存分に蓄えておきたい次第で御座いますo(*^▽^*)o

えっ、なになに~♪
現在でも十分にアホですってぇ~

いやぁ~
参りましたねぇcoldsweats01

February 13, 2011

本日の完成作(110213)

110213
(サザエ・ルソンヒトデ・コシマガリモエビ)

まず

私の最近の制作リストが興味のない方々にとっては
大変面白みのないものであることをお詫び申し上げますm(_ _)m

また

今現在の当ブログは
今月末の展示に向けてのコミュニケーションツールと
完全に化しておりますが宜しくお願い致します。

さて

もうそろそろ時間的に厳しくなって参りましたので
バランス調整に入ります。

以後はまず

岩場用作品(海藻・私担当生物)を
設置用加工に入ります。

岩場の素材の具合が見通しが立たないこと及び
(隆起具合・面積等次第で対応が変わってきますので)
作品の郵送の都合もありますので
今から準備しないととても間に合いそうに御座いません。

ひとまず

最低限の設置準備を終えた上で
余力があれば数点の生物を仕上げたいと思っております。
(傾斜面に不向きそうなアメフラシ等大型種は回避いたします)
※傾斜具合次第ではカニなどは虫ピン固定した方がいいかも

が、その前に郵送(手持ち可能性大)も考えた上で仕上げる必要のある
ホンダワラ系という関門が控えておりましたねcoldsweats01

あとは大型種の海藻をもう一点欲しい気もいたしますが…
こちらは余力次第。
(予行演習として例のコンブ系にいければベストですが魚の邪魔になりそうな気も)

まぁ、そんな具合で御座います。

唯一気がかりなことは

設置の必要性から作品を加工する必要があること。
(アクリル棒との接着等)
そうしないと展示で固定できませんので仕方がないのですが……
特に海藻系はそのまま設置するには不向きなものばかりで御座いまして(@Д@;

そうなると、以後、
他の室内での展示に不向きになってしまいますね♪



でも無問題で御座います。

なるようになった形で活かす方法はありますのでsmile

February 12, 2011

本日の完成作(110212)

110212b
(参考:ショウジンガニ)

どうにか完成いたしました♪

模様の表現が面倒で避けて来たカニさんで御座いますが、
この機を逃すといつまでたっても作らないだろうと思いましたので
強行作で仕上げました。

完成度は辛うじて及第点といったところですが
試験的要素のあった甲羅の表現が
個人的には思った以上に上手くいきましたので

とりあえずは一安心で御座います(*^-^)
(着色の場合はひとつのミスで全てが台無しになってしまいますのでcoldsweats01

<追記①>

110212c

展示に向けて
設置場所における棲息個体にバラつきがあるため
急造ながら小物で賑わせようと

ニスの乾燥の合間を縫いながら
ちまちまと仕上げてあった小型君達で御座います♪

スジエビ系(イソスジエビ)
フナムシ
マメコブシガニ
ヒザラガイ小隊

そして

今現在、
変なヒトデを制作中で御座いますので、
完成次第アップしようと思います。

ヒントは

「お前邪魔や~♪」
そんな具合の触手の持ち主です。
(他の展示に邪魔にならないよう遠慮して仕上げます・笑)

110212d
(参考:ウデナガメガネクモヒトデ)

潮間帯~水深約20メートル付近に棲息ということで
ま、いいでしょうと勝手に作ったクモヒトデさんで御座います。

本当は更に触手がくねっておりますし
表現といたしましては地面からニョキニョキ~っと
腕を伸ばしている様子も面白いのですが

状況的に厳しいので妄想で終わらせますthink

次は

必須系作品のひとつで鬼門の○○○に挑戦いたします♪


February 09, 2011

本日の完成作(110209)

110209a
(参考:ヨシエビ)

まぁ、普通のエビさんで御座います♪
シンプルなところがかえって難しいのですが
トレーシングペーパーの良さが発揮できたと思います(*^-^)

醍醐味はただひとつ…着色に尽きますね♪

正直に告白いたしますと
今作は過去の私作甲殻類と比して
相当に手数を減らして作っております。

唯一手間がかかった点は

最近多用している少し扱いづらい接着剤を使用しているところのみで御座いますcoldsweats01
(トレぺは紙用ボンドでは接着が難しいため)

その割には雰囲気が出てしまっているところが

嬉しい反面悲しいところで御座いますね……

などなど

複雑な作業と
シンプルな作業を
どちらも対応することでしか到達できない

極上の洗練されたシンプルさ

立体作品もこの部分を目指していきたい次第で御座います。

尚、見抜けている方はごく少数ですが、
蝶風切紙は既にその領域に到達しております。

勿論、そこからの道のりが真のスタートとなるのですが………

余談はここまで♪

本日中に別の立体君が完成いたしましたら追記いたします。

<追加です♪>

110209br
(参考:クマエビ※写真変更いたしました♪)

先程のヨシエビさんがのっぺりとした配色であったため、
今回は配色を少し大袈裟にしてアクセントをつけようと思ったのですが……
少し微妙な具合になってしまいましたねcoldsweats01
(今は接着乾燥中のため、もう少し折り加工いたします)

これにてエビさん系はもう切り上げてもいいかな~と思っています。
他のモエビさんやヨコエビさんは小物(実物も超小型サイズですが)で対応出来ますので。

残る甲殻類系は
イシガニさんと
エボシガイさん再び
※イシガニさんですとガザミ系がダブり過ぎな気もいたしますので、
上手く表現できそうな場合にはショウジンガニにするかもしれません。
(それにしてもショウジンガニさん…写真ではようわからんですねcoldsweats02

以上で最後にして

残りのヘンテコ系に移行する予定で御座います。

February 08, 2011

本日の完成作+α(110208)

110208

タイトルでは本日の完成作と書いてありますが

本日仕上げたものは奥にある

噂の……

失敗作君だけで御座いますcoldsweats01

110208a

武装:フレキシブル吸水砲、触覚型二連装砲など
(冗談です)

いや~、あまりにもの完成度の低さに
夢想世界に転送してしまおうと……
恥ずかし過ぎて、公開したくなかったのですが
まぁ、名前を言わなければ
それなりの雰囲気があるため登場させてしまいました<(_ _)>

よって、種類は言いませ~んgawk

他は何かに使えそうかな~と感じる
以前に仕上げたあったものを掘り出して見ました。

いずれも、存在感の無さが抜群で困ってしまいますが、
まぁ、ちょっとしたアクセントにはなるのではと微かな期待をしております♪

今後の予定といたしましては~

アメフラシは巨大過ぎるため保留といたしまして

イシガニ、ヨシエビ、サザエあたりにでもいってみようかなぁ~と思いつつも

ヒザラガイ、エボシガイの増殖に着手しそうな気もいたします。

いやぁ~、本来ならば
折りの多い作業は嫌いではないですので

すぐにでもイシガニに行きたいのですが……

今現在は折りに支障をきたすほどに腕が痛んでおりますので、
しばし、パッチワーク系作品でどうにか凌いでいきたい次第で御座います。

ですが、これによって見えてくる手法も御座いますので

まぁ、怪我の功名とでも思って先に進んでいきますね♪

ところで、ナマコは……

えっ、そんなんあったっけ( ̄ー ̄)

February 07, 2011

本日の完成作+α(110207)

110207

本日は肌荒れが激しいため

枯れ木も山の賑わい作で御容赦くださいませ<(_ _)>

ウミウシ2種
エボシガイ×2
ヒザラガイ
ヒトデ風×3(ひとつは完全にお遊びですねcoldsweats01

高完成度は狙えないながらも
試験的試行錯誤でとりあえずは仕上げる予定の○○ニ○さん♪

もうこうなったら

リアルさはどうでもいい!!

我流で変にアレンジしてやるわ~い( ̄ー ̄)

February 06, 2011

本日の完成作(110206)

110206
(モクズショイ)

藻屑のない状態で終わらせたい……
でも、それならば適当なカニになってしまうではないか~

てなわけで御座いまして

相変わらず

ちまちまと藻屑風の紙を切り抜きながら

「あ~めんどいcoldsweats02

状態を楽しんでおります…と言いたいのですが、
時間制限があるためちとヤバしで御座いますね♪

本当は更なる藻屑のボリュームアップをしたいところですが現状では自粛いたします。

まぁ、要領をつかめましたのでこれはこれで重要な作業という意味で良い糧となりましたとさ……

続く…かも

予定リストは

アメフラシ
サザエ
マナマコ
ヒトデ

この中から気分次第といったところでしょうか♪

February 05, 2011

本日の完成作(110205)

110205a
(ムラサキハナギンチャク)

綺麗なイソギンチャク様で御座います。
徹夜気味で仕上げる意味があるかどうかは別として……
とりあえず、どうにか完成いたしました。

1~5本の触手をちまちまと接着しながら仕上げましたので
それなりの放射系になったと思いますね♪

今作は今後5月以降より予定している我流華草シリーズの
ヒントになる要素が多数含まれておりましたので
かなり面倒な作業の割には気軽に仕上げることが出来ましたsmile

続く…かも

※本日中に何かしらの作品が完成いたしましたら追記いたします。

一応、アオウミウシは完成し、
今現在、モクズショイと格闘中で御座いますが……

正攻法で藻屑を作っておりますので

見た目以上に手間がかかってしまっておりますcoldsweats02

February 03, 2011

無題

110203

なんだ~これは~~wobbly

110203b

私にもわからん。

もちろん、モデルはある……

けれども

110203c

まぁ、細かいことはどうでもいいといたしまして

こういうアホな雰囲気の作品

私は好きです。

はぁ~

しばしアホ脳とおさらばとは……

わたしぁ~悲しいよ( ̄ー ̄)

February 01, 2011

COLORS

110201

COLORSにて展示させていただきました作品は
数点を除き、またの機会に展示を予定しておりますので
機会が御座いましたら是非とも実物を見ていただきたい次第で御座います。

改めて、この度の展示にて
~つながり~
を再確認させていただきまして有難う御座いましたhappy01

そして次は

デザインフェスタ…も控えておりますが

その前にsmileありがたいことにhappy02

現在、葛西臨海公園駅にて展示させていただいている作品の
模様替えにて再び

作品を手掛けさせていただくことになりましたo(*^▽^*)o

今回は現地にておこなう作業や打ち合わせ等の
各種連携が重要になりますので

しざーはんず様
なべさん様

以上、現地召集可能なメンバーにて対応させていただくようになりました。

どのような模様替えになるかは
完成後実際にみていただいてからのお楽しみということで

私からは詳細を述べませんが
設置が完了次第、
簡単に画像をアップさせていただく予定で御座います。

期限は今月25日まで
それまでに作品制作・調査はもちろん
各種作品の設置方法
設置備品の模索
万が一に備えた備品収集等

嬉しい悲鳴の連続で御座いますが
見ていただく方々に楽しんでいただけるような展示を目指して

準備していきたい次第で御座います。

以下、使用するかどうかは別として
とりあえず仕上げている海藻さん達に登場していただきましょう♪

110130a
(カニノテを派手にアレンジ)

どうもサソリ脳に腕がついてこなくなってからは
制作意欲がかなりマズイ状態になっておりますが
今の指の状態を考えれば
制作出来ているだけでも有り難いと
前向きにとりあえず腕だけは動かしている次第で御座います。

110130b
(海藻脳の宴)

まあ、いろいろで御座います♪
使うかわからないものも念のために仕上げるというのは
少々頭がマヒしていないと出来るもんでは御座いませんねcoldsweats01

(えっ、何々…私は普段から頭がマヒしているから説得力が無いって~♪)

その通り!

110131
(ゴヘイコンブ)

とりあえず……

状況次第では

コンブ
カジメ
アラメ

あたりを手掛けたいのですが

紙の選び方によっては
もったいない方向にむかってしまいそうで少々怖い気もいたしますね♪

あとは着色道具の浪費具合がcoldsweats02

だったら着色しなければいいって?

そう言われると尚更着色にこだわりたくなっちまうだわさ( ̄ー ̄)

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ