« January 2012 | Main | March 2012 »

February 28, 2012

デザインフェスタ出展者紹介♪

Df35a
※正方形にする必要性から画像が縮んでおりますが御了承宜しくお願い致します。

flairデザインフェスタ合同出展者の皆様♪flair

出展者資料提出を26日に済ませました♪

早速、公開されていましたsmile
(こんなにも早く公開していただけるとは~)

こんな感じになりました~

他、問題点が御座いましたら御指摘宜しこで御座います!
修正は不可能ですが、以後気をつけたい次第で御座いますので~

そして、せっかくで御座いますので

切り紙お仲間の皆様のページも一緒にご覧いただければと存じます♪

なべさん様

しざーはんず様

申し訳御座いませんが本日は以上♪

その他、資料提出事項の締め切りが迫ってしまっておりますのでこれにて失礼いたします………

あっ、最後の宿題のクロマグロさんも残ってるcoldsweats02
ま、こちらは少し猶予期間をいただけるのでもうちょいまってちょ♪

う~んthink

私も最初から作り直そうかなぁ~coldsweats01

※今現在、コメント承認公開を解除しておりますが宜しくお願い致します。

February 27, 2012

上野の森美術館展示終了致しました♪

120227a

昨日にて上野の森美術館での展示が終了致しました♪

会場でお会いさせていただいた皆様
お話させていただいた皆様
会場を作ってくださった皆様
タヒチでもお世話になり
また、今回もサプライズでお越しくださった
マルセル・タイ(ゴーギャンの御令孫)様

貴重な機会を共にさせていただきまして
誠にありがとうございましたhappy01

120227d
(今回の作品で御座いますcoldsweats01

説明すると長くなりますし
説明することによって失われるものが多いため
それを回避するために

今作のあちらこちらに
代弁として
ある種の「言葉」をちりばめておきました。

答えは「ひとそれぞれ」
それでいいのです。

120227c

土曜日に評論家の勅使河原純様と
お話させていただく貴重な機会が御座いましたが
申し訳ないことに何を言ったのか覚えておりません。

今回は説明しないと決めていたので
正直せっかくの機会にもったいないことをしてしまったとは思いましたが

お話させていただく中で
今作に当初込めていた思い
そして
それを自ら閉ざそうとしていた事実

言葉は覚えておりませんが
様々な秘めていた感情を思い出させていただきました。

今作に関しまして

「今作は極めて駄作で御座います」
(大作であっても力作ではない)

1年ほどかけて地道に作っているという意味では
超手間作であることは認めますが
ただただ手間をかければいいというものではない
(私内の自作に対する基準です)

ただし

「表現の方法・伝達としての方法としてはありかな」

今回、興味のない方々には素通りしていただきましたが
時々立ち止まって見てくださったいる方々の姿を
遠くから観察させていただきまして

色々な意味で不思議な想いを致しました。

中でも

生命系統樹(土曜日にお会いさせていただいた女性の方)
命の森(マルセル・タイ様)
※以上は会場内にて会話させていただいた中で出てきた言葉

エルンスト・ヘッケルの作品を見て以来…以下省略
※ツイッター内でメッセージをくださった方がいらしたことを思い出しました

私が無理に言語化して説明しなくとも

ある部分を瞬間的にくみ取ってくださる方がいらっしゃるということが

「受けを狙わない」「可愛げのない表現」をするうえで
この上ない支えになっていることに改めて感謝致します。

以上、長文になり且つ
まとまりがない文章になりましたが
だからこそ

それを補完する「何か」を醸成できるかも知れない

あっ

うっかり書いてしまいましたが

このあたりがあえていうならば

今作の狙いなのかもしれませんねthink

February 23, 2012

リーフィーシードラゴン2012♪

上野の森美術館にて作品展示中
→詳細はこちらにて宜しくお願い致します(*^-^)♪

120223c

遅ればせながら本年初の
多少作り込んだ「辰?」作品で御座いますsmile

名はリーフィーシードラゴン。
タツノオトシゴの一種ですが、
ドラゴン調に仕上げたかったためこのような仕上がりになりました。

ま、実際にこういう配色の個体もおりますので♪

120223d

後ろ姿。

ハサミ技術:☆
折り技術:☆
着色技術:☆☆
糊づけ技術:☆☆☆
手間:☆☆☆☆☆☆☆
表現力:☆☆☆

こんなところでしょうか♪

今作に限らず、
ここ一カ月ほど仕上げていました作品群は
半年以上の展示にも耐えられるような作り方をしたつもりで御座います。
(そのため、あえて実際の構造を踏襲しないこともありました)

個人的にはそのまま
駅内展示のリニューアルに使っても面白いと思いましたものですから……

次は

とりあえず最後の魚系作品「クロマグロ」で御座いますが

明後日までには間に合わないことが濃厚なため………

とはいえ、もしかしたら間に合う可能性もゼロではないですので

今から取り掛かることと致します!

それでは本日はこれにて失礼いたしますsmile

February 22, 2012

第17回 日本の美術 ~全国選抜作家展~(追記)

120120a
(実際の展示作品はイメージが異なりますが御容赦くださいませ♪)

いよいよ、明日より開催となりました♪

【会期】
2012年2月23日(木)~2月26日(日)

【時間】
10:00~17:00
(入場は閉館の30分前までとなります)

【会場】
上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2

アクセス

【在廊日】
25日(土):13時頃~予定しております。
26日(日):13時頃~予定しております。
※23,24は在廊出来ず失礼いたしますm(_ _)m

今回は従来の作品とは異なり
洗練を目指さず
違った方向性を持ってしまった作品となっております。

なんと言ったらいいのかわからない変なものに………

もしも興味が御座いましたら是非お越しいただければ幸いです(*^-^)

会場でお会いできることを楽しみにしております!

PS
今現在、リーフィーシードラゴン制作中で御座いますが
従来とはかなり違った地道な作り方をしてしまったため
時間ばかり要してしまって困っておりますが面白い仕上がりになりそうな予感がいたします( ̄ー ̄)

技術:☆
手間:☆☆☆☆☆
表現力:☆☆☆

こんなところでしょうか♪
なんか切り折りで力を発揮していないため作っていてもピンとこないんですねcoldsweats01

February 19, 2012

マダイ…ま、及第点かな♪

120219a
(約25㎝:大きさはズバリ狙い通りsmile

個人的には今回の私の制作リストの中で
完成度を求めた場合には
鬼門となりそうだったマダイさんで御座いますが

どうにか仕上がりました(*^-^)!

最初は手探りだった多ピース魚作りも
どうにかコツがつかめてきたようで
徐々に慣れて参りました。

ただ、今作は無駄なことをし過ぎて
かなり時間を要してしまったことが反省点で御座いますcoldsweats01

120219d
(あっ、糊が剥がれた~coldsweats02

ここ最近は~

切り折り紙スタイルを崩して
切り貼り中心の制作スタイルを重視している…

というよりはせざる得なくなっておりますので
確実に折りの技術が発揮できない
退化しているような気もいたしますが

今の腕の状態を考えると
切り貼りスタイルの方がこなせるかなぁ~
楽しいかなぁ~

いわば冷え性腕劣化モード時は
存分に切り貼りスタイルをこなして

腕回復時に切り折り折り折り紙スタイルの作品をこなす

状況に応じた技の使い分けの重要性を改めて感じますね♪

あっ、そう言えば

長年愛用していたピンセットを無くしてしまいましたcrying

せっかく、金魚や葉っぱの模様に最大限の力を発揮していてくれたのに~

新型ピンセットとの相性を深める日々が

今日から始まりました。

※だから各種ヒレの作り方がこうなってしまったので御座います。

February 17, 2012

タヒチアンバタフライフィッシュ♪

120217
(約23センチメートル)

タヒチに行って来たから今作を作ったというよりは
ちょうど、チョウチョウウオを作る必要があって

また、偶然タヒチ絡みの個体がいてくれたということも
手伝った結果、今作を作ることに致しました♪

そういえば、現地でガイドをしてくださった日本人の方に

「帰ったらタヒチの魚を作りますね~」

冗談で言ったつもりが、
あっという間に現実になってしまったことも
何だか不思議な気分で御座いますsmile

もしもタヒチに行っていなければ、
もっと作りやすい個体にしていたかも・笑♪

以上はさておきまして

締め切りの目安を26日とした場合
今日あたりに今作を仕上げないと
こりゃ間に合わんぞ~

てな具合で
少々焦って参りましたので
徹夜気味で先程仕上げましたcoldsweats01

ヒトデ、ナマコ、今作でようやく半分

あとは

タイ
クロマグロ
リーフィーシードラゴン

リーフィーはイメージできますが、
問題は残りのおさかなさん2体で御座いますねthink

今作もそうですが、
魚系は作り慣れていないこともあり
着色と切り貼りの使い分けがどうも上手く出来ていないと反省点ばかりで委縮の毎日で御座います。

ま、いい練習になっているので
これはこれで素晴らしい機会として学ばせていただきましょう♪

次はタイかなぁ~( ̄▽ ̄)

February 13, 2012

とりあえず仕上がりました♪

120213a
(途中経過報告…約70%)

当初の制作プランは3つ。

①蛇腹曖昧折り駆使作戦
②ぐるぐる手巻き寿司作戦
③地道にいくしかないっしょ♪

結局③にて制作。
時間はかかりますが、無難にある程度のリアルさを求めて

問題の接着は海藻制作時にお世話になったボンドを使用することで克服。
ただ、これがある意味厄介、でも慣れましたsmile

管足を作らないのであれば、
約70%の完成度といったところでしょうか。

管足を作るのならば、
約5%に到達した感じかな~

一応、何を作るにしても
細かく観察して、
色々な部位のパーツ数を・節数等を数えて

その上でスケッチの如くちまちま創り上げるか
或いは、あえて省略の道を選ぶか……

今回は管足の数を途中まで数えていて
めまいがしてきましたのでそこで中断coldsweats01

今週は本日と日曜日が余力有り予報日

明日から金曜日は腕が制作に耐えられなくなる状況が考えられるため、

本日中に今作を仕上げて、
早めにタヒチアンBFに移行したい~

なんて、四の五の言っている暇があったら、

やるしかないっしょdog

タヒチ関連の記事は3月以降になりそうで御座いますが、
それまでに色々と温めて置きますねsmile

<追記>

管足は作らない前提とすれば完成致しましたsmile

120213b_2
(参考ナマコ:定番のマナマコ)

触手はとりあえず仕上げました♪
一応、5の倍数である20本仕上げましたが、
そこまで観察はされない…きっと( ̄ー ̄)
※口から出ている白いもの

個人的に仕上げるには樹状目の触手の方が好みですが、
マナマコは楯状目なんですねthink

あとは

キュビエ器官は構想時には有りましたが、
面倒になってしまったため没coldsweats01
※肛門からでる白い糸状組織で外的からの防衛に使用

120213c
(口から覗いた内部…既に触手で蓋をしてしまいましたが)

こんな感じで仕上げているんですよ!

作品自体よりもこの眺めの方が面白かったりして♪

以上

どうにか本日中に仕上がりましたsmile

February 07, 2012

ヒトデリラックス♪

120207a

有り難いことに制作予定が

かなり強行突破せざる得ない状況になりましたのでcoldsweats01

タヒチ回想に織り交ぜて

各種制作経過も載せて参ります♪

まず第一弾は「ヒトデさん♪」

参考ヒトデは「アカヒトデ」

イメージは

入浴中の極楽ヒトデといった感じでしょうか?
一歩間違ったら茹でヒトデになってしまいますが
そうは突っ込まないようにsmile

タント紙クロコ模様で質感を表現しようと思いましたが
画像ではまったく伝わらずcoldsweats01
余程近くで見ないとわからないため
個人的には納得いかずですが

構図的には面白そう♪

ただし、
しざーはんず様となべさん様に

「ふざけてるねぇ~♪」

と怒られてしまった場合には(笑)、
作りなおす必要があるため、
早めに仕上げて公開してみました!

まだ管足をつけていないので、
このままだと手抜きと思われても仕方がないのですがcoldsweats02

この調子で進めて宜しければ

ナマコも同じ路線でいければと考えておりますsmile

あっ、それ以上に困った( ̄Д ̄;;困った( ̄Д ̄;;
正式には期限オーバーで
お許しで来週期限の上野の森美術館用作品がまだ未完成でした(@Д@;

それから~

あっ、そうです!!

flairデザインフェスタ御出展の切り折り紙探検隊の皆様flair

確か今月中に出展者資料を提出する必要があったと記憶しております。

そこでですが、
出展者イメージ画像を変更したい場合にはお手数おかけいたしますが、
メール等で画像を送っていただきたく存じます。

参考までに前回の画像はこちらです↓

Df34a

その他、出展者資料の手配に関しましては
当方で進めてしまいますが御了承宜しくお願い致します。
(前回のような内容に致します)

また、今回はハンドテラピーが行えないため、
ブースの間合い等の調整という意味も兼ねて、
(私の作品がどの程度用意出来るか未知数なため)

知人のPOPアーティストで画家のyukiko様にも合同出展していただく予定で御座います。

yukiko様の紹介及びブログリンク等はまた後日、
3月以降にさせていただく予定で御座いますので
少々お待ちいただければと存じます。

急な告知で失礼いたしましたが、
宜しくお願い致しますm(_ _)m

タヒチ回想①

写真が多すぎて

また

説明文になるのは避けたいですので、
写真を見て
思い出したことを綴って参りますね(*^-^)

P2010360
(空港にて頂戴した首飾り)

ティアレ・タヒチ
(写真はリンク先にて掲載されております)
という花を連結させて作られており、その香りはこの地に入った多くの人間を虜にしているのではないでしょうか♪
全て手造りのため、入国時にあれだけの数を用意してくださるということの有り難みを改めて痛感しております。

タヒチを含む、フレンチポリネシアの国花で
お世話になった飛行機「エア・タヒチヌイ」の尾翼にも描かれていました。

また、出国時・入国時にこの花のつぼみを手渡していただくのですが、
行きは「あぁ、これからタヒチに行くんだなぁ~」
帰りは「あぁ~、もう帰らなくてはならないのかぁ~」
そんな気分といったところでしょうか……

私個人的には結構気に入った香りであったため、
モノイオイルというマッサージオイルを購入して帰って来たのですが、
帰りの際にキャリーバックに入れたために
今現在も凍ってしまっており、なかなか解凍出来ずにおりますcoldsweats01
(飛行機が零下数10度という環境を飛行しているため)
(液体物は持ち込み制限があることもあり、うっかりcoldsweats02

ま、この状態でもいい香りはするのであまり問題ないのですが、
気温がある程度上がってくれないと解凍される気配が御座いませんね~
(20度くらいないと解凍されない雰囲気です)

ただ、この花は国花である割には滞在中にほとんど見かけることが無いのです。

なぜか?

どうやら、上記出入国時などに使うために花が咲くとすぐに回収してしまうのだそうです。

バスで移動時も樹は度々見かけたのですが、
確かにほとんど花がついていませんでした。

などなど……

この花だけでも多くを語れそうで御座いますが、
私は語るのが得意では御座いませんのでこのあたりで終りにしましょう♪

あ~coldsweats01

なんだかんだ言いながら長文になってしまったため、
他の写真はまた後日
文章は手軽に掲載していきたい次第で御座います。

本当は色々と撮影したつもりだったのですが、
バスの移動中に車内から撮影したもの
太陽照度が激しい中で撮影したものが多く
大半が掲載に不向きな状態となってしまっておりまして残念で御座いますが宜しくお願い致します。

最後に

改めて滞在の期間中、
室内に素敵な香りを提供してくださった首飾り
そして、手造りをしてくださった多くの方々に

お礼申し上げますhappy01

February 05, 2012

タヒチより戻りました♪

0

タヒチ入り前後に励ましのお言葉をくださった皆様

ありがとうございましたhappy01

本日(昨日になってしまいましたが)無事、戻って参りました♪

1a
(ファアア国際空港入り口付近より撮影)

時差は19時間
ほぼ1日遅れのため
時差ぼけは少ないでしょうとなめておりましたが
機内で眠れませんでしたので
時差ぼけというよりは
普通にボケてしまっております。

1c
(遠目で見たホテル)

よって、意識朦朧としながらの
タイピングになっておりますが
御了承宜しこで御座います( ̄ー ̄)ニヤリ

1b
(お世話になったホテルの入り口付近)

飛行時間は片道11~12時間
腰痛状態での12時間はかなりきつかったですcoldsweats01
ですが
そのくらいはしゃあないと思えるような
貴重な経験が出来たため
それはそれであり
(帰りは慣れもあり、トイレでストレッチしておりました)
(狭いですが)

1d
(ホテルの玄関付近、バス内撮影)

日本より19時間遅れのため
機内で眠らなかったことを含め
4月30日を2度(日本時間と現地時間)過ごしたような形になりました。

気温は約30度で日本の真夏に近く感じましたが、
現地の日本人ガイド方々によると
紫外線が日本の数倍強いということで御座いました♪
(滞在の半分がスコール多発のため、思った以上に快適に過ごせました)
(観光が目的の方々にとっては宜しくなかったかもしれませんが)

1e
(ホテルの部屋より撮影)

初日は現地の朝8時頃到着
その後は各種準備・休養
夕刻に大統領府表敬訪問

1f
(大統領府、内部の撮影は自粛)

初日は以上のような流れで御座いました。

2日目以降はまた後日

写真を交えて報告させていただきますね♪

誠に申し訳御座いませんが、
睡魔に従いたい次第で御座いますのでこのあたりで失礼いたしま~す

※どこまで記載しても良いかわからない部分もあるため、
一部控え気味な内容となりますが御了承宜しくお願い致します。

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ