« リーフィーシードラゴン2012♪ | Main | デザインフェスタ出展者紹介♪ »

February 27, 2012

上野の森美術館展示終了致しました♪

120227a

昨日にて上野の森美術館での展示が終了致しました♪

会場でお会いさせていただいた皆様
お話させていただいた皆様
会場を作ってくださった皆様
タヒチでもお世話になり
また、今回もサプライズでお越しくださった
マルセル・タイ(ゴーギャンの御令孫)様

貴重な機会を共にさせていただきまして
誠にありがとうございましたhappy01

120227d
(今回の作品で御座いますcoldsweats01

説明すると長くなりますし
説明することによって失われるものが多いため
それを回避するために

今作のあちらこちらに
代弁として
ある種の「言葉」をちりばめておきました。

答えは「ひとそれぞれ」
それでいいのです。

120227c

土曜日に評論家の勅使河原純様と
お話させていただく貴重な機会が御座いましたが
申し訳ないことに何を言ったのか覚えておりません。

今回は説明しないと決めていたので
正直せっかくの機会にもったいないことをしてしまったとは思いましたが

お話させていただく中で
今作に当初込めていた思い
そして
それを自ら閉ざそうとしていた事実

言葉は覚えておりませんが
様々な秘めていた感情を思い出させていただきました。

今作に関しまして

「今作は極めて駄作で御座います」
(大作であっても力作ではない)

1年ほどかけて地道に作っているという意味では
超手間作であることは認めますが
ただただ手間をかければいいというものではない
(私内の自作に対する基準です)

ただし

「表現の方法・伝達としての方法としてはありかな」

今回、興味のない方々には素通りしていただきましたが
時々立ち止まって見てくださったいる方々の姿を
遠くから観察させていただきまして

色々な意味で不思議な想いを致しました。

中でも

生命系統樹(土曜日にお会いさせていただいた女性の方)
命の森(マルセル・タイ様)
※以上は会場内にて会話させていただいた中で出てきた言葉

エルンスト・ヘッケルの作品を見て以来…以下省略
※ツイッター内でメッセージをくださった方がいらしたことを思い出しました

私が無理に言語化して説明しなくとも

ある部分を瞬間的にくみ取ってくださる方がいらっしゃるということが

「受けを狙わない」「可愛げのない表現」をするうえで
この上ない支えになっていることに改めて感謝致します。

以上、長文になり且つ
まとまりがない文章になりましたが
だからこそ

それを補完する「何か」を醸成できるかも知れない

あっ

うっかり書いてしまいましたが

このあたりがあえていうならば

今作の狙いなのかもしれませんねthink

« リーフィーシードラゴン2012♪ | Main | デザインフェスタ出展者紹介♪ »

アートの力♪」カテゴリの記事

Comments

我流切紙人さんは駄作だと仰いますが、見ている方としては力作だと思います
これが作り手との違いなんですね
その差は埋まらないかもしれないですが、それでも作り続ける・・・
やっぱり、好きじゃないとできないですよね(^_^;)
何が言いたいのか分からなくなってきましたが、とにかくお疲れ様でしたm(__)m

お疲れ様でした(^^)
大作であっても力作でない、という感じ自体は解りますが、それがこの作品に適応されるとは思えない、って言うのが正直な感想です。

これが駄作だとすると、傑作は!!!!
想像もできないです。

傑作が出来たら、予め教えてください(^^)
心を鍛えてから拝見しますので♪

こんばんは。
上野の森美術館、ゆかりさんに会ってきましたよ。
本当に細かい作業でしたでしょうね。
切っている状況を想像するだけで気が遠くなりました。

「大作」というのは自分で分かる場合もありますが、「傑作」と思える作品は果たして~できるのでしょうかねぇ。
でも、ゆかりさんは「駄作」では絶対にないですよ~。

☆なべさん様

ありがとうございますm(_ _)m

今作を力作と感じることが出来なかった最大の要因は「没頭して仕上げたわけではない」ことが挙げられますが、皆様に貴重な意見をいただいて「製作の方向性の違い」ということで今作を認めてみたい気持ちも芽生えて参りました。

確かにおっしゃる通り、
好きじゃないと出来ない作業ですねsmile

いい言葉が浮かばなかったため「駄作」と書きましたが、
以後は「奇作」と書くことと致します。

「奇」って、何気に私の本名にも含まれていますから(*^-^)

☆しざーはんず様

ありがとうございますm(_ _)m

今作は1年以上かけて構想を練りながら
結局は納得のいく形に出来なかったという反省から
駄作と烙印を押してしまっておりました。

ただ、今思えば今作は当初「永遠未完」で制作し始めていたことを思い出しました。
しかし、期限に追われることでそのことを見失って、更に作品自体にも八つ当たりしてしまっていたような…恥ずかしい限りで御座います( ̄Д ̄;;

それに傑作って狙っては出来ないですね・笑!

結果として傑作になってしまった……

そうなれるように今後も精進したい次第で御座いますsmile

☆とみたや様

いつも会場にお越しいただきまして
誠にありがとうございますm(_ _)mhappy01

ちなみに、隣の作家様のお名前も「ゆかり」様で御座いました・笑!

ギザギザの切り抜きは初歩的な技術ですので、思っていただいているよりは苦労はないのですが、ただ、相当数こなしてきましたので腕の疲労蓄積はあるかもしれませんね(^-^;

おかげ様で今回のブログを機に「駄作」というのは止めようと決めました。

新たなる作風がもうひとつ出来た~くらいの気持ちで
今後も気が向いたらこういう系の作品も仕上げていきたい次第で御座いますsmile

美術館の多くの展示のなかでも切紙人さんの作品はすぐわかります。

それほど個性を確立しているな(表現方法から)と、強く思います。

(。・ω・)ノ゙

自分が絵を始めるきっかけとなった「高村智恵子」の切絵作品に、
真っ赤な紙が、たくさんの線になっている強烈なものがあるのですが
それをちょっと彷彿とさせました。

あと「ゆかり」って海鮮味のせんべいも思い出しました・・・。

☆くろゆ様

ありがとうございます(*^-^)♪

ポストカード用データ提出時には間に合わないこと前提でお願いして出展させていただきましたので、展示の一週間前まで出来る限り増殖させての展示となりました!
(担当の方には御迷惑をおかけしたことだと存じますがcoldsweats01

確かに、「ゆかり」という名のエビせんべいが御座いますね♪

次回の「ゆかり」作品制作時には
エビも加えようと思いましたが、それではパクリになってしまいますので……

代わりにカブトガニあたりでも加えようと妄想しております………

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« リーフィーシードラゴン2012♪ | Main | デザインフェスタ出展者紹介♪ »

おしゃべりな動物たち♪

  • Drug
    haco様とのコラボ写真です。 haco様の可愛らしい感性が加わることで新たなるいのちを宿したミニ立体君たち♪

切り折り紙(切り折り紙)

  • ニセハナマオウカマキリ(我流式)
    形を切り抜いた紙に折り(織り)という祈りを込めて仕上げる立体切紙。 人呼んで「切り折り紙」。

夢想生物大百科(壱)

  • 生きている化石
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。 いわば「夢想と現実」。 こちら(Ⅱ)は夢想世界に生息するクワガタムシ以外の口頭無形…荒唐無稽をもじった私的造語)な生物を中心に紹介しています。

夢想生物大百科(弐)

  • ダモクレスオオカブトムシ
    あちらの世界とこちらの世界は表裏一体。いわば「夢想と現実」。こちら(Ⅰ)は夢想世界に生息する奇天烈なクワガタムシを中心に紹介しています。
My Photo
無料ブログはココログ