t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(壱)

イトマキダコ

イトマキダコ

夢想郷の空の王者。
それがこの「イトマキダコ(糸巻凧)」であります。

大好物である「ムソウザリガニ」を捕まえては、そのオチョボなお口で「パクパクパク」と食してしまうという、なんとも愛くるしいその笑顔。

時折やってきてはピタッと張り付く「コゼニザメ」と共生していると思いきや、体を清掃してもらうだけしてもらって、用が済んだら追いかけて食べてしまうというこの暴君ぶり。

「コゼニザメ」もなぜそこまでして「イトマキダコ」のために働くのかわかりませんが、まあ、それはそれで私にはわからないメカニズムが夢想郷では働いているのでしょう、深追いはしません。



しばらく眺めていますと、
「イトマキダコ」は海に戻っていきます。

どうやらこの「イトマキダコ」は使命をまっとうしたのでしょう。

海にきらきらと輝く、
「コゼニザメ」の大群が、
最後の大掃除を始めるその姿は、

まるでひとつの花火のようでありました。

| トップページ |