t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(壱)

ザリガニモドキ

ザリガニモドキ

この生物は夢想郷に生息するという「ザリガニモドキ」という甲殻類(?)だそうです。

「モドキ」というくらいですから、ザリガニではないのかもしれませんが、探検隊の方々も正直何もわかっていないというのが現状でして、もしかしたら「ザリガニ」なのかもしれません。

いったい私は何を言っているのか、自分で言っておきながらチンプンカン(プン)なのですが、つまりは「モドキ」とはいえ「モドキ」では無い可能性もあるということです。

このような、
わけのわからない生物を、
わけのわからないままにしておくのが夢想郷の掟ですから、探検隊の方々にも撮影は許可するが、捕獲してはいけないというそういう暗黙のルールが成立しているわけで御座います。

暗黙というくらいですから、
探検隊の方々も人にいわれてそうしているわけではなく、自然の声に耳を傾けて、自らの判断でそうしているわけなんですね。

こういうのを本当の「自立」というのでしょうが、彼らは「いえいえ、私は自立なんてしていませんよ」と、そう謙虚に返してくるわけです。

我々は夢想郷という世界が無ければ生きてはいけない。
そして、
その夢想郷に棲む多くの命をいただいて生きているのです。
ですから、
「自立」しているなんて、
そんな大層なことをいう義理はありませんよ…

私はこのような夢想郷の人々の言葉を聞いて、「自立」という言葉自体が既に傲慢なのではないかと、そう深く考えさせられてしまうわけですね。

うん…

私もいまや「ニンゲンモドキ」なのかもしれないなぁ。

※ブログより引用

| トップページ |