t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(壱)

コタツムリ

コタツムリ

マイマイカブリもカタツムリを好物としているようでありますが、人間もエスカルゴを食べているくらいですから別にどうこういう気はありません。

とはいえ、
私はおそらく苦手でしょう。
あのアワビですら見た目で拒否反応を起してしまうのですから。
(でも出されたら食べますよ、多分)

それにしても、
ここ十年以上カタツムリの姿を見ていません。
途中、比較的自然の多い地域でも生活したことはあるのですが、そこでも見かけませんでした。

一方、
夢想世界はというますと、それはそれはうじょうじょいます。
もう、その集団を見ただけで体中がかゆくなってしまうほどです。

その名も「コタツムリ」。
体内が炬燵(こたつ)のように温かく、冬場は多くの生物が寒さ凌ぎに「コタツムリ」の体内に侵入していくといいます、体内で消化されるということも知らずに…。

これら獲物の中には「マイマイカブリ(舞舞冠)」もいます。
地球上のマイマイカブリはカタツムリを餌としていますが、夢想世界では逆に「マイマイカブリ」が餌となっているのであります。

そういえば地上のマイマイカブリも、
豊富な地上の食べ物によって飛翔能力を捨てたと聞きますが、夢想世界の「マイマイカブリ」も飛び立つことが出来ません。
なぜならば冠をかぶってしまっているからであります。
(おそらく子供の「コタツムリ」を食して、その殻をかぶっているのでしょう。)

※過去ブログより

| トップページ |