t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(壱)

モドキモドキモドキ

モドキモドキモドキ

最近は「夢想と現実」の区別が曖昧になってきたという噂もありますが、そもそも夢想と現実は表裏一体、そう簡単に区別できるものではないと思うのですがね……。

という、私の遠吠えはさておき、
この夢想生物の名は「モドキモドキモドキ」というそうです。

サソリやクモ、あるいはサソリモドキやザリガニなどなど……、
さまざまな生物の真似をしながら、あらゆる天敵に対応してきたというこの生物。

しかし、
気がついたら、自分自身がなんの生物だかわからなくなってしまったという、そんなお茶目な生物「モドキモドキモドキ」。

夢想世界の創造主がこの生物に与えた試練……、
それを彼が乗り越えることができるかどうかはわからない。

だが、
あらゆる試練に言えることであるが、あきらめない限り、その試練というものは本来は乗り越えることができるものであるはずなのである。

そう……、
成長するための試練。

だが、そのためには………、
この「モドキモドキモドキ」は「一つの毒」を持つ必要がある。

そして、
その毒をもコントロールするだけの力を得た時…………

この生物は「サソル」のであろう。

※ブログより(一部修正)


| トップページ |