t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(壱)

マンティコアラ(其の弐)

マンティコアラ(其の弐)

(続き……)

なるほど……

見たからに恐い顔というのは、
それだけで相手に警戒心を払う準備時間を与えてくれる、
いわばある種の優しさと言い換えることもできるのではないかな……

しばしリトマス氏は紫色になっていた。

なかなか近づかないリトマス氏に業を煮やしたのか、
或いは、ただ単にお腹がすいたのか、
はたまた、
あまりにも重すぎる仮面をかぶっていたものだから肩が凝った、しかし首は鍛えられたから良しとする……

かどうかはわからないが、
ついに本性を現したマンティコァラ。

ほほーう、
確かに「人食い」の名に相応しい形相をしている……

そう感心しているリトマス氏に襲いかかるマンティコァラ!
どうやら戦闘モードに突入したようだ。

対するリトマス氏も、
警戒障壁を取っ払い、
不意打ちの極意を発動する準備を始めたようだ。

徐々に赤くなっていく両者、
果たして勝利の行方はどちらに転がるのか!

無事にリトマス氏が調査を終えて帰ってくることを祈るのみである。

| トップページ |