t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(弐)

夢想クワガタの一種

夢想クワガタの一種

このクワガタムシは小さな大顎の代わりに前脚を発達させたのであろうと思われます。

その前脚の威力は凄まじく、挟まれた相手は高確率で真っ二つになるであろう…といいたいが、どうやら自分の前脚をうまく使うことが出来ず、その姿はまるで、お箸を使うのが苦手な人間を思わせるのだそうです。

ということは……
つまり、見掛け倒しということだ。
だが意外に有効らしいぞ、人間と同じで……。

うーむ。
いや、案外それは優しさかも知れないですよ。

何事もそう簡単に判断したり、わかったつもりになってはならんのではないでしょうか。
「軽々しく人を裁いてはならない」とも言いますしね。

(あっ、でもこれはクワガタですよ……)

※20080609更新

| トップページ