t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(弐)

シュモクワガタ

シュモクワガタ

夢想郷に生息していた「シュモクワガタ」。

地球上の生物で「シュモク」を名乗る生物といえば、私の知る限りでは、
シュモクザメ(ポピュラーです)
シュモクバエ(飛びにくくない?)
シュモクガイ(なるほど…)
シュモクドリ(ふーん…)
シュモクシダ(名前のみ知る)
以上が挙げられます。

ちなみに「シュモクワガタ」の大顎について、
「あれは顎じゃないとか、どうやって相手をくわえるのだ…」
などの質問を受けることがありますが、私もわからないのです。

ただ注意深くみますと、頭部先端に小さなギザギザがありますから、それをノコギリのようにして扱っているので
はないでしょうか。
そうであれば、ノコギリクワガタ以上にノコギリになってしまいますけどね。

なるほど…

だから「シュモクワガタ」は争わないのか。
争ったら傷だらけ、最悪の場合は命にも関わりますからね。

ではどうやってお互いの力を見せつけるのか?

そのことについては夢想郷の「シュモクジラ」の生態を研究すればわかると思います。

が、
気まぐれな夢想郷の研究者が調査に乗り出すかどうかは微妙です、ハイ。

※ブログより引用

| トップページ |