t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(弐)

長距離狙撃用甲虫

長距離狙撃用甲虫

前足の末節を長くすることによってグリップ力を強化するとともに、安定感を作り出す。大砲を打った際の反動の生じる作用点と、支点・力点の位置を一直線上に近い位置に並べ、かつ重力のベクトル加味して反動の完璧な吸収をはかる。前足の中でも特に弾性に富む末節は反動を直線的に吸収し弾道の安定に寄与する。
 発射台がここまで完璧である以上、打ち出される砲弾は発射時は流線型に飛翔形態を整え、着弾の寸前に可変型バルキリーのごとく戦闘形態に移行する何らかの戦闘生物!

以上は、夢想世界に飲み込まれることなく、現実世界で多くの人々を救っている川合先生の知的な推測です。
(私とは大違いですね・笑)

素晴らしい………。
この推測はかなり正鵠を得ている。

<舞台は夢想世界に移ります>

ハーキュリーズ隊長!
敵艦の超巨大木菓子戦闘艦「バルバスバウムクーヘン」が国境を越えました。
我々はどう迎え撃てばいいのですか?

「もう少し落ち着きたまえ。相手の出方を伺いつつ、こちらも迎撃体制に入る」

了解!
スカラ小隊にも発進準備を要請しますか?

「ふむ、頼んだぞ」

隊長!!!
敵艦が波動砲連装の発射準備に入ってます。

「なぬっ、こんなところであんなものを撒き散らされたら、あたり一面がグリーンランドになってしまうぞ、それだけは避けねばならぬ。」

仕方がない。
「スカラ小隊出撃!!!!!」



どうやら戦闘中のようなのでここまで。

ちなみに「スカラ小隊」というのは、この甲虫の角に常時巣食っている団子状可変生物の戦闘集団であり、地球でいうならばダンゴムシやサソリのような風貌をした個体が確認されているという。

彼らの連携技「スカラフォーメーションアタック」は必見であるのだが、まだ誰も見たことが無いという。よって、必見というのは言い過ぎである。
(おいこらっ、それはパクリだろ)

以上、
このままではエンドレスなので、ひとまずここで終了。
(お疲れ様でした)

| トップページ |