t-kdayo.cocolog-nifty.com > 夢想生物大百科(弐)

ガトリンクワガタ(VER.E)

ガトリンクワガタ(VER.E)

ガトリング砲は、
1862年にアメリカの医師リチャード・ジョーダン・ガトリングさんという人によって発明されたといいます。
和名「回転式多砲身機関銃」。

そんなカッコいいガトリング砲を眺めながら、

「ぁ~、将来はガトリング砲みたいな大人になりたいなぁ~」

と実に健気で可愛らしい夢を描いていた夢想世界のクワガタムシの幼虫が、なんとあろうことか本当にガトリング砲風に成長してしまったという、そんなアンビリーバボォーな夢想生物がこの「ガトリンクワガタ」なのです。

かつては六本の大顎を操っていたのですが、何でも効率第一という夢想人の暴挙によって生態改造されてしまい、ついには一本の収束式大顎になってしまったという悲しい過去を持つこのクワガタムシ。
(実はどう見てもクワガタムシには見えないという事実を誤魔化すための言い訳との言い伝えもあります)

そもそも夢ならば何でもかなえていいのかという致命的な事実はさておき、
夢想世界のイークイップ・アイランドに生息するという噂を聞いたことがあります。

得意技は、
「回転式拡散豆まき」及び「ガトリンクラッシャー(多弾頭豆収束百発百中?砲)」。

豆を武器にするだなんて、なんて自然に優しい生き物なのでしょう。
是非とも我々も見習うべきです。

(えっ、節分の時には豆を武器にしているだって)

(誰が後片付けをするのよ~)

(あんた!)

(こらぁっ)

戯言はさておいて、

よく球(豆)切れを起こして、肝心な時に相手にとどめを刺せないというのですから、実に情け深いクワガタムシということなのでしょうね。

その球切れ後の逃走用に進化した車輪風の中脚。

なるほど………

逃げ道を用意してあるものは手加減を知るということか。
いい教訓になるようなならないような。

いずれにしても、
ケース・バイ・ケースということでしょうね。

※2008年11月20日更新

| トップページ |